フルーツを使ったシュークリームは、星の数ほど存在するが、生バナナを使用したシュークリームは…。
そのシュークリームは、丁寧に仕上げた2層クリームとの相性も抜群。
そんなシュークリームが、北関東最大の都市「宇都宮市」にあった。

シャンベルタン

栃木県宇都宮市。シュークリーム専門店が、かなり昔からあるよ!と教えていただき、丁度、栃木県へ向かう用事もあり、行ってきた。車で東北自動車道に乗り、約100分。なかなかの距離。

関東の人間でも知っているようで知らないのが北関東と言われる「群馬」「栃木」「茨城」。その北関東最大の都市が、今回、訪問する宇都宮市。人口50万人強。

そんな栃木県の県庁所在地でもある宇都宮市の「シュークリーム」専門店「シャンベルタン」が、今回お目当のパティスリーなのだ。

車のナビに従い、「これ、大丈夫だろうか?」と不安になるくらい、どんどん細い道に入っていく、、、。でも、安心してください。

ナビ通りに案内されると道は狭いが、ちゃんとお店前まで誘導されるのである。重厚な作りのパティスリー。お店の看板にも「シュークリーム専門店」とある。

パティスリー「シャンベルタン」のオーナーシェフは、南沢政光氏。東京のパティスリーで修行後、1989年にシュークリーム専門店として「シャンベルタン」をオープン。

そんな歴史深い、パティスリーのシュークリームを食べてみた。とにかく種類が豊富ということもあり、全部、食べてみたかったが、今回は、代表的なシュークリーム2種類。

ムースリーヌ


一つ一つ、個包装されているシュークリーム。オーナーシェフの心意気というか?愛情が感じられるシュークリーム。


シュー生地は、老舗洋菓子舗が使用していることが多い、薄く、しっとりとした感じの生地。


シュー生地の中央部を割って、中にたっぷりとクリームが入っている。クリームは、甘さが強い、クレーム・ディプロマット。

クリーム内に、バニラビーンズを入れていない事もあり、卵独特の香りが立つ。更にミルク風味がどっしりと伝わってくる。

この「ムースリーヌ」は、「シャンベルタン」で一番人気のシュークリームとのこと。甘さが強めということもあり、1個でかなり甘いもの食べたいという欲求も満足するのだ。

重量:約90g
直径:約8.2cm
高さ:約5.0cm
価格:220円

バナナシャンテ


フルーツをトッピングしているシュークリームは、星の数ほど有る。しかし、今まで食べたフルーツ系のシュークリームは、「イチゴ」「マンゴー」「オレンジ」「夕張メロン」のような、どちらかというと色も味も濃いものがほとんど。

今回のシュークリームで使用しているフルーツは、なんと「バナナ」なのである。


生地は、美しく、均等に広がったクッキー生地。クリームは、2層仕立てになっている。1層目は、恐らく「ムースリーヌ」で使用しているクレーム・ディプロマットではないだろうか?甘さが強めでミルク感たっぷりのクリーム。

そして2層目は、クレーム・シャンティー。普通のシャンティーではなく、バナナ風味たっぷりのクリームになっている。

そしてシュークリームの中央部には、生バナナが配置されている。バナナは、濃厚な味と香りが強く、しかも足の早いフルーツとしても有名。少し時間が経ってしまうと生バナナの色は、変わってきてしまう。

フルーツの中でも、かなり取り扱いが難しい食材とも言われている。


そんな生バナナを使用した「バナナシャンテ」。濃厚な2層のクリームと生バナナが交わることにより、生まれた香りと味は、他では、味わうことができないシュークリームなのだ。

また、足の早い生バナナを使用することから、パティスリー渾身のシュークリームなのかもしれない。

パティスリー・シャンベルタン。栃木県宇都宮市にあるシュークリーム専門店。宇都宮市に行くことがあれば、必ず、トライすべきシュークリームなのである。

重量:約104g
直径:約7.5cm
高さ:約5.8cm
価格:300円

お店情報

シャンベルタン
Tel:028-634-8390
住所:栃木県宇都宮市二荒町8-16
営業時間:10時30分~19時
定休日:月曜日(詳しくは公式HP)

公式HP:http://www.chambertin.jp/