東京 赤坂。東京のど真ん中に1個180円のシュークリーム。
しかもレアチーズケーキで有名な老舗洋菓子舗のシュークリーム。
間違いなくトライすべき逸品なのである。

スポンサーリンク

西洋菓子しろたえ


東京 赤坂。時代の移り変わりと共に変化をする東京を代表する街のひとつ赤坂。本社所在地を赤坂に置く、有名企業も多い。観光名所としても…赤坂サカス、東京ミッドタウン、氷川神社、乃木神社、サントリー美術館…出て来る出て来る。

大使館で言えば、アメリカ合衆国大使館、カナダ大使館。う~~~ん。さすが東京を代表する街…。そんな赤坂に1976年から営業している老舗洋菓子舗。それが今回、お目当ての「西洋菓子しろたえ」なのである。

東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」を下車し、国道246号線を青山方面に歩き、一方通行の道を左へ曲がり、しばらく歩く(赤坂見附駅から徒歩5分程度)と見えてくる。外観は、古き良き昭和の香りが佇む感じで、どっしりとした重厚感のあるお店なのである。

土曜日のお昼過ぎだったので、店内は、かなり混雑している様子だった。1階、2階に約30席ほどの席があり、イートインも可能。でも、お待ちになっているお客様が多々…これは、ちょっと難しいなぁ~ということで、「西洋菓子しろたえ」と言えば…のレアチーズケーキ。そしてシュークリームを購入し、お店を後にしたのである。

有名なレアチーズケーキ


見た目は、物凄くシンプル。ピスタチオを乗せ、どこにでも売ってそうな感じなのである。しかし、一口食べてみると、大きな違いに驚くのである。2種類のデンマーク産クリームチーズをオリジナル配合しているというレアチーズ部分は、生クリーム、レモンでバランスを取っているような感じで、酸味と甘味のバランスが素晴らしい。


しかも、クリームを逆さにしても落ちてこないくらい濃厚なクリームに仕上がっている。食感のあるクリームという表現が正しいのかもしれない。濃厚なレアチーズを受け止めるのは、バターたっぷりのクッキー生地。このホロホロしている歯応えも素晴らしいのである。「西洋菓子しろたえ」と言えば…のレアチーズケーキ。さすがとしか言いようが無い商品なのである。

重量:55g
縦:7cm
横:2.5m
高さ:3.5m

老舗のシュークリーム


東京 赤坂にある老舗洋菓子舗「西洋菓子しろたえ」。老舗と言われる洋菓子舗のシュークリームは、法則があるように決まって、こんなシュークリームが多い。シュー生地は、どこまでも薄く、卵の香りが強い。そして、シュー生地とクリームの隙間がほとんど無いくらい、たっぷりクリームが詰められている。

一口食べると…なんとも言えない幸せな気持ちになってしまうから不思議なのである。大きさは、小さめ。この大きさ…実は、色々考えられてこの大きさになった?と思うくらいクリームに秘密があったのである。

クリームの濃厚さと洋酒


クリーム。シュークリームの心臓とも言えるクリームは、色々なパティスリーが、原材料や仕立てにこだわり、全く同じといえるようなクリームは、まず見当たらない。シンプルな洋菓子だからこそ、原材料、そして、そのパティスリーが持つテクニックが、1番分かってしまうのかもしれない。


東京エリアで人気のパティスリーが、使用しているシュー生地は、食感が強く、香りもある、ゴツゴツっとしたタイプのクッキー生地、クランブル生地が多いように思える。しかしながら、そんなパティスリーと一線を画するのが、老舗洋菓子舗と言われるパティスリーなのだ。


ブリオッシュのような香りが立ち、どこまでも薄く、ふわふわ柔らかいシュー生地を採用し、卵の素材を活かしたディプロマット。どこまでも上品な香りと甘さが、一口、含んだだけで口の中いっぱいに広がる。そして、どちらかというと大人向けにふった潔さの洋酒の香りとうっすらと漂う洋酒本来の味。

ちょっと小さめと書いたシュークリームの大きさだが、ひとくち、ふたくちくらいで、「クリームの香り、味」そして「シュー生地の香り、味」。これを味わうとすれば、やはりこれくらいの大きさが、良いのかもしれない。クリームへのこだわり、そしてシュー生地へのこだわり…そんなシュークリームが東京 赤坂の中心にあるのにも関わらず1個180円。

東京 赤坂を訪れたら必ず、食べるべきシュークリームなのだ。

ちなみに平日も土曜日も夕方は、かなり混み合っているので、その時間帯を外したほうが無難。しかも、老舗洋菓子舗に多い「日曜日お休み」なので、ここも気をつけたほうが良い。(日曜日に間違って行ってしまった経験あり)

重量:71g
直径:7.5cm
高さ:5.0m
価格:180円

お店情報

西洋菓子しろたえ 赤坂
東京都港区赤坂4-1-4
TEL:03-3586-9039
営業時間:
月曜日~土曜日:10:30~20:30
祝日:10:30~19:30
定休日:日曜日
アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩5分程度
※お店に駐車場はありませんのでご注意ください。
公式HP:なし