2021年3月23日に発売「サクトロシュー さくとろカスタードクッキーシュー」。あのUchiCafeからの新作シュークリームなのだ。春先に、新作のカスタードのシュークリーム。他のコンビニエンスストアは、季節のフルーツや抹茶を使用したものが多い中、王道なカスタードシュークリームなのだ。そんな「サクトロシュー さくとろカスタードクッキーシュー」を食べてみた。

オレンジ色のパッケージ






ローソンのスイーツコーナーでは、ひときわ目立つパッケージの色。オレンジ色をベースに、中心は、中が見えるように透明なパッケージ。パッケージの中央部分には、SAKTROSHUの文字。注意点としては、「クリームがこぼれやすい。」「製品にあいている穴は、クリームを注入するときにできたもの。」「クリーム中の黒い粒はバニラシードということ。」この中で、気になる注意点は、クリームがこぼれやすいということではないだろうか?過去のローソンのホボクリムのようなクリームのように柔らかいクリームであることは、間違いないと思われる。

麦芽の香りが強い!サクサクのクッキー

シュガーグレーズがシュー生地の上面から全体にかかっている為、少し固めな仕上がりになっている。プレーンタイプの生地の上から麦芽を使用したクッキー生地を置いている感じ。クッキー生地部分は、麦芽の香りが強く、シュガーグレーズと重なり、サクサクとした食感が続くのだ。クッキー生地を使用したシュークリームは、色々と食べてきているが、このタイプのシュー生地は、今までに無い感じな事もあり、新鮮な食感なのである。




バニラの香り漂う。ディプロマット

クリームは、北海道産生クリームと牛乳、そしてバニラシードを入れたカスタードクリームを使用したディプロマット。生クリームが少し多めのようで、ミルク感が強め。そして、何よりもバニラの香りが強く、どっしりとした甘さがあるクリームなのだ。クリームの粘度は、低めで、かなり柔らかいタイプ。シュークリームをナイフで割ると少しの時間、置いているだけで、クリームがこぼれてくるような感じなのだ。

とろとろのディプロマットがたまらない。

少し変わったプレーンタイプのシュー生地の上に、麦芽を使用したクッキー生地。そして、全体にシュガーグレーズがたっぷりかかっているシュー生地の中に、甘みが強く、バニラの香りも強いディプロマット。ディプロマットのクリームは、かなり柔らかい。生地にも、そして、クリームにも、強めの甘みがある為、どっしりとした味わいとなる。

しかしながら、北海道産の生クリームが多いこともあり、ミルク感が感じられ、このブレンドのディプロマットは、たまらないはず。難点といえば、上部のクッキー生地が、ボロボロとこぼれ落ちる点。そして、シュークリームとしては、かなり重たい感じの仕上がりのため、1個食べればかなり満足するという点。どっしりと甘く、1個で十分に甘さを味わいたいという方には、ぴったりなシュークリームではないだろうか?気になる人は、今すぐ、お近くのローソンへ

ランクインしているコンビニシュークリームランキングはこちら



栄養成分表示(1包装当たり)
直径:9.5cm
高さ:5.5cm
重さ:111g
熱量:395kcal
蛋白質:4.8g
脂質:27.8g
炭水化物:31.5g
-糖質:31.1g
-食物繊維:0.4g
食塩相当量:0.3g(推定値)
価格:220円(税込)

原材料名
カスタードクリーム(国内製造)、生クリーム、小麦粉、卵黄加工品(砂糖、卵黄)、牛乳、油脂加工品(植物油脂、バターオイル)、マーガリン、卵、ファットスプレッド、シュガーコーチング、クッキー、植物油脂、脱脂濃縮乳、麦芽エキス、バニラシード/トレハロース、糊料(加工デンプン、アルギン酸Na、増粘多糖類)グリシン、乳化剤、カゼイン、膨張剤、リン酸塩(Na)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香料、酸化防止剤(V.E)、甘味料(スクラロース)、V.C(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)

お店情報

株式会社ローソン
住所:東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー
Tel:0120-07-3963(ローソンカスタマーセンター:月曜~金曜(祝祭日除く)9:00-17:00)
公式HP:https://www.lawson.co.jp/

商品情報:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1426801_1996.html