世界的に有名なパティスリー。スペシャリテは「ミルフィーユ」。
もうこれだけで、どんなシュークリームなのか想像がついてしまう。
ギフトで贈りたい!手土産で持参したい!そんなシュークリームだった。

フレデリック・カッセル銀座三越店


東京 銀座。銀座三越店に入るラグジュアリーなパティスリー。その名も「フレデリック・カッセル」。パリ郊外の古都「フォンテーヌブロー」に本店を構えるスイーツブティックとして世界的に有名。パティシエ・コンクールの最高峰「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」。2013年、シェフパティシエのフレデリック・カッセル率いるフランス代表チームが優勝。


イメージカラーはオレンジ。スペシャリテは、ミルフイユ・ヴァニーユ。2010年のフランスパティスリー連合主催のコンテストでベスト・ミルフィーユを受賞。素材とルセットを追求しつくしたミルフィール、現在、国内での取り扱いは、銀座三越店のみ(通販は行っていない)。

高級食材のタヒチバニラをたっぷりと使用して作られたクリームは、絶品。今まで食べていたミルフィーユは、なんだったの???と驚く。そんなフレデリック・カッセルのシュークリーム(シューヴァニーユ)を食べてみた。


重量:85g
直径:7.0cm
高さ:6.0cm
価格:432円

シューヴァニーユ


シュークリーム好きならみんなが知っている有名パティスリー。フレデリック・カッセルのクリームを食べてしまったら他のクリームだと満足出来ない。それくらい濃厚で香り豊かなクリームなのである。まず、サクサクに焼き上げたクッキーを乗せたシュー生地が、とてつもなく美味い。

タヒチバニラ

タヒチ産のバニラの香る濃厚で芳醇な香りのディプロマットクリームのバランスが絶妙なシューヴァニーユ。クリームの粘度は、かなり高め。モッタリとしているという表現が最適なのかもしれない。少々固めで逆さにしても落ちて来ないくらいなのである。


画像でもお分かりの通り、目視でバニラビーンズが確認できるくらい沢山の量が入り、芳醇な香りが漂う。しかし、ここまで濃厚なクリームになると「ちょっとしつこいかも」となりがちなのだが、全く異なる。それがフレデリック・カッセル「シューヴァニーユ」クリームの凄いところなのかもしれない。

可愛い丸いフォルム


まずは、このフォルム。シュークリームでは、なかなか無いタイプなのではないだろうか?可愛らしい丸いフォルムのシュー生地を1/3ほどカット。そこからたっぷり…溢れるくらいの量を詰められている。

そして、上部には、たっぷりとかけられた粉糖。美し過ぎる。小ぶりのシュークリームであるが、手に持つと想像と違った重さ(重い)がある。若干であるがズシッとした感じ。

タヒチバニラをたっぷりと使い、香り豊かなディプロマットクリームとサクサクと焼き上げたクッキーを乗せた生地は、1つで十分満足する。

フレデリック カッセル 銀座三越
銀座という場所と世界的に有名なパティスリーのシュークリーム(シューヴァニーユ)。手土産として商品の背景語れることの出来るスイーツであることは、間違い無し。東京 銀座に来たら是非!トライしたい!ギフトで買うべきシュークリーム(シューヴァニーユ)なのである。

お店情報

フレデリック カッセル 銀座三越

東京都 中央区 銀座 4-6-16 銀座三越 B2F
Tel.03-3535-1930
営業時間 10:30~20:00
最寄駅:銀座駅
公式HP: http://www.frederic-cassel.jp/