やはり美味かった。北海道でしか購入出来ないシュークリームが物産展にやってきた。

北菓楼

シュークリームが好きな人でこのお店の名前を知らない人は、いないのではないだろうか?それくらい有名な北菓楼(きたかろう)。北海道へ出張で行く人に「お土産でよろしく」と必ず依頼するのは当たり前。私の中で北海道土産No1なのである。勿論、通販では販売しないシュークリームなので、北海道砂川市の本店へ行くか?北海道札幌市の本館へ行くか?新千歳空港で購入できればラッキーなのである。そんな北菓楼。待ってました。東京での催事販売。購入できればラッキーと思い、明日、物産展へ行ってきます。

夢不思議

シュークリームの商品名としては、ちょっと変わった名前。先程も書いた通り、シュークリームをこよなく愛する人には、たまらない商品名。普段なら北海道に行かないと購入出来ないシュークリームが、今回、西武池袋本店の「春の北海道うまいもの会」で購入できるのである。そんな事でいざ、池袋へ。15時から250セットのみの限定販売。念の為、西武池袋本店へ電話して確認すると「14時30分くらいから並べ始める」とのこと。ということで、少々早めの14時に行くと…もう行列が出来てる…ではないか??。そんな驚きの中、念願の「夢不思議」購入。北海道へ行かないと食べれない「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」を食べてみた。

贅沢…過ぎるパイシュー

「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」の専用箱を開けると中には、ぎっしりと3個のシュークリームが入っている。まず、驚くのがシュークリームの大きさ。まさにジャンボ!と呼べるくらいの大きさなのである(直径7.5cm、高さ7.0cm)。

シュークリームの生地は、何層も重ねて焼き上げたパイ生地。上部のパリパリとしたパイ生地独特の食感と下部のクリームの水分が、少しだけ浸透したような生地は、ふわふわ。「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」のパイ生地の1番の特徴は、かなりの量のバターを使用している事。バターの芳醇な香りが、強い。

生地を噛むと…ジュワーと出てくるのでは無いか?と思うくらいの感じのバター感なのだ。北菓楼のシュークリーム。シュー生地だけでもこんな感じ。まさに贅沢すぎるパイシューと呼ぶにふさわしいのである。

あっ!という間に完食

バターたっぷりのパイ生地を割ってみると…中には、かなりたっぷりのクリームが詰められている。しかもジャンボサイズのシュークリームなのでちょっと驚きの量なのである。


クリームは、カスタードクリームと生クリームの配合バランスに優れたディプロマット。クリームは、濃厚過ぎず…甘過ぎず、、、パイ生地のバターの香りとの相性も最高なのである。クリームが、驚くほど新鮮なこともあり、バランスの良い濃厚なクリームなのに、すっきりとした感じがたまらない。そのような極上のクリームの為、ジャンボサイズでバターがたっぷりと効いたパイ生地のシュークリームなのだが、あっ!という間に完食。そして、すぐに2個目に手が伸びてしまう。そんな「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」人気シュークリームの理由が、はっきりとわかる。ここまでの味、香り。さすがとしか言いようがないのである。

重量:113g
直径:7.5cm
高さ:7.0cm
価格:540円(3個入り)

そんな「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」。出張?旅行?北海道へ行ったら必ず寄りたい…いや、お土産として…自分用として購入すべきシュークリームなのである。他にも北菓楼と言えば…シュークリーム「北の夢ドーム」や「イタリアンミラノシュー」、ちぎりシュー「ビスコット」、「ミルクシュー」、「ダブルシュー」、カップシュー「夢風船」(新千歳空港限定)、クロワッサンシュー「夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)」…。北海道ツアーでも組もうか?と思うくらい魅力のあるシュークリームが並ぶ。そして、今回のシュークリーム「夢不思議」。北海道へ行ったら…もしくは、物産展で見かけたら、即買いは当たり前。行列していても…並ぶだけの価値のあるシュークリームなのである。こんなシュークリームをお土産で持参したら…驚かれる事、間違い無し。

お店情報

北菓楼 新千歳空港店
北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル2F
TEL:0123-46-2226
営業時間:8時~20時
定休日:無休

公式HP:http://www.kitakaro.com/