バームクーヘンのクラブハリエが仕掛けるフランス菓子専門店「オクシタニアル」バームじゃなく、シューの実力は。。。

オクシタニアル


あのクラブハリエがフランス菓子専門店を運営していたのは初耳でした。

その名も「オクシタニアル(南フランスのように…)」。

は、M.O.F.(フランス国家最高職人)の称号を持ち、ステファン・トレアン氏を
エクゼクティブシェフとして迎え。トレアン氏の故郷、南フランスのような
懐かしさと安らぎをコンセプト。

南フランスで幸福のシンボルとして親しまれるセミが店名のロゴ!

行くだけで幸せになりそうな洋菓子がそろっているんですね!

マカロンと焼き菓子が有名ならば・・・


オクシタニアルは主にチョコレートと焼き菓子がメインのお店(現在ケーキは日本橋でしか食べられない!)

今までの経験からすると、マカロンもしくは、焼き菓子が美味しいお店のシュークリームはハズレなし!(と思っている)

今回のオクシタニアルはハリエ系(バウムクーヘン)、マカロン、焼き菓子と三拍子そろっているから期待大です。

クラシックで落ち着いた店内は広々としてのんびりできる様子。

南フランスのように・・・ シューヴァニーユ (バニラのシュークリーム)

シューヴァニーユという名前は、あの三越の名店「フレデリック・カッセル」でも同じ名前。カッセルのタヒチアンバニラを使ったシュークリームは絶品だった。

オクシタニアルはどうだろう?スペックは一般的なサイズだが、シューの上には粉糖ではなくフォンダンの帽子とシュガーコーティングされているナッツがのっていてかわいい。

表面は厚めのクッキー生地歯ごたえがよさそう。

重量:89g
直径:7cm
高さ:5cm
価格:320円


しかし、驚いたのは半分にしてからだった。
クリームが濃い目、薄目の二層に分かれている。それも真ん中に濃い目がドンと。。。

オクシタニアル の シューヴァニーユを食べてみた。

1.
クラブハリエのフランス菓子専門店「オクシタニアル」。その大人気パティスリーのシュークリームです。2層仕立てのクリームは、絶品。
プリンのように濃厚なカスタードクリーム(中央)とそのまわりに位置するバニラ・ビーンズ多めのカスタードクリーム。
生地は、リッチながらも軽い感じのクランブル仕上げ。生地の上には、薄く濃厚な甘さのフォンダンで見た目の美しさと異なる味をトッピング。
一番上には、ヘーゼルナッツのシュガーコーティングも美味しすぎる。

2.
中のクリームには驚いた!真ん中の濃いカスタードの周りを薄いカスタードがくるんでいるように見える。
2層やWクリームのシューは多いが、見た目に驚きました。食べたときにフォンダン、ナッツ、生地、クリーム2種が口の中で
ものすごく調和されている。一つ一つが美味しいから、まとまった時にケンカするのではないかと思ったが、逆に何倍もの
美味しさを生んでくれた。

3.
二層のクリーム、真ん中が濃厚。外はあっさりさらりとしたクリーム。上に載ったナッツのアクセントも素晴らしいです!厚めのサクサク感はどこよりもいいです。新しいけど、懐かしい味がしました。

お店情報

オクシタニアル 東京本店

住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-7
営業時間:10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:不定休
Tel:03-5645-3334

公式HP: http://occitanial.jp//index.html