ザ・リッツ・カールトンのカフェ&デリと言えば…
この巨大な「シューバニラ」しか思い浮かばないだろう。

ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ


東京は、港区六本木の複合施設「東京ミッドタウン」の一角に構える高さ248メートルのミッドタウンタワーにザ・リッツ・カールトン東京があり、その1階部分に「ザ・リッツカールトン カフェ&デリ」が存在しています。まず、高級ホテルにちょっと緊張をし、間違って上層階にあるエントランスホールへ向かってしまい、場所がわからずホテルで「ザ・リッツカールトン カフェ&デリ」へ行きたいが、どこにあるのか?と確認すると驚くことに上層階から1階まで案内をしてくれる。
これが…噂に聞く「ザ・リッツカールトン 」の徹底した顧客サービス。
す、凄すぎます。すみません。お手数をおかけして…。

これはシュークリーム!?


まずは、この大きさに驚く。なんと言ったら良いのか?巨大なパン?そんな感じ。
これは、シュークリームなのか?上から見ても横から見ても、私が今まで知っているシュークリームと大きく異なる。普通のシュークリームサイズを1とした場合、3倍、4倍くらいの大きさ。シュー生地と言ってよいのか?微妙だが、周りは、パリッとした感じのでバターをたっぷり使用している感じの香りが漂う。これは絶対みんな好きな香りと食感。そしてパリッとした食感の後に、ふわふわと表現するのが正しいのか?クシュクシュと表現するのか?正しいのか?なかなか言葉が見つからない感じの食感のデニッシュ生地が出て来る。当たり前だが、これもバター感たっぷり。
生地というか?これは、パン?そんな感じなのである。

濃厚カスタードクリーム


「ザ・リッツカールトン カフェ&デリ」の名物。「シューバニラ」。
中心には、オリジナルカスタードクリームが存在感たっぷりで鎮座している。手で持ってがぶりといきたい感じだが、大きさが大きさなので四等分に切る。周りのパリッとしたデニッシュ生地を黄金色に輝くカスタードクリームをつけて食べてみる。濃厚なカスタードクリームの甘さと香りが、このバターたっぷりのデニッシュ生地にはぴったりなのだ。最初にデカッ!大きいと言っていたのだが、気がつくとあっという間に完食。これが、止まらないというか?次から次に口に運びたくなるという感じ。
オリジナルカスタードクリームとバター…これさすがは、「ザ・リッツカールトン カフェ&デリ」。
シュークリームひとつでもここまでの完成度。

重量:197g
直径:11.5
高さ:6.5cm
価格:648円

おもたせには最高なのかもしれない

季節で色々な味が登場する「シューバニラ」。全部を制覇してみたい!と思うのは、私だけだろうか?しかも価格が凄い。超高級ホテル「ザ・リッツカールトン」にしては、破格。この大きさで648円。
テイクアウトも可能で、高級感にじみ出ている「ザ・リッツカールトン」の黒い箱に入れてくれる。
これだけでちょっとした手土産には最高なのである。黒い箱を開ければ、巨大な「シューバニラ」。
食べれば、濃厚カスタードクリームとバターたっぷりの味。
おさえておきたい手土産としてのシュークリームなのである。

お店情報

ザ・リッツカールトン カフェ&デリ
住所:東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京1F
営業時間:9時~21時
Tel:03-6434-8711

公式HP: http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/tokyo/dining/cafe-deli/