この静かな戦いは、全国へ広がる!?のかもしれない。


今、とてつもなく熱い…夏前なのに熱い戦いが静かに始まっている。そんな情報を元に、行ってきました。イオンモール浦和美園。エクレアのようなシュークリームのような…見た目は、同じようなシュークリームだが、実は、食べてみると全く異なる感じの商品。そんなシュークリームを食べ比べてみた。

それは、ずばりこちら

ナッツ VS クロカッンシューザクザクミニ


ナッツは、株式会社麦の穂が展開するシュークリームブランド「ビアードパパ」から最近、発売されたシュークリーム。そして、クロッカンシューザクザクミニは、BAKE Inc.のシュークリーム専門店「クロッカンシューザクザク」の新ブランドライン「Zクロッカンシュー ザクザク」からの新作。

しかも、このイオンモール浦和美園店には、2つの店舗が出店している超シュークリーム激戦区。2つの有名ブランドが、作り出した新シュークリームとは?

まずは、こちらから

クロッカンシューザクザクミニ


イオンモール浦和美園店に入ると、まず、目に飛び込んでくるのが、「Zクロッカンシューザクザク浦和美園店」。イオンモール内のメインストリート沿いでブランドイメージの水色が際立つ。ブランドコンセプト等は、こちら



↑包装状態はこんな感じ↑





「ザクザク」と感じられるのは、上にのせているアーモンドの食感が強い。アーモンドと砂糖と卵白でコーティングして焼き上げた食感は、生地が温かいほうがおいしい。お店でも、お持ち帰りの食べ方として、オーブントースターで温めて食べる食べ方を推奨している。

基本、焼き立て(温めて)の生地にクリームを詰めてくれる今、流行っているスタイルのシュークリームなのである。


クリームは、バニラビーンズ少なめのとろとろ系のディプロマット。クリームは艶があり、透明感(パティシエールを炊いた感じというよりも、水などで少し溶いた感じ、もしくは、ゼラチンで硬さをつけているという感じ)があるなという印象。この感じのクリームなので、焼き立て、出来立ての温かい生地でクリームをサンドすると、クリームがとろとろに溶け出す感じになる。

この食感、そして香りを楽しむ為の透明感のあるクリームになっているのではないだろうか?生地が温かい瞬間にしか味わえない、他にはない新感覚の(温感の変化で楽しむ)シュークリームなのである。


重量:57g
長さ:15.5cm
高さ:2cm
価格:180円

これで価格が180円(税込)。となっている。


次に

ナッツ


イオンモール浦和美園店のメインストリート沿いではないが、フードコートの入口付近の一角にある。お馴染みのイエローを基調としたブランドカラー。商品のプレスリリースはこちら


いきなり目に飛び込んでくるのは「夏!ナッツ」のキャッチコピー。夏とナッツをかけているのような…狙いなのか?クスッと笑いが出てしまう感じなのである。


↑包装状態はこんな感じ↑




ザクザク食感は、シュー生地の上から流れるように被せて焼いてある生地の食感。ナッツ(落花生、カシュ―ナッツ、アーモンド)も乗っているのだが、生地のザクザク食感のほうが、衝撃的でインパクトが強い。

例えるなら、メロンパンの上のクッキー生地をゆるめにして、極力薄く伸ばし、香ばしい焼き色が付くまで焼成した感じ。(うーん。我ながらなかなか美味しそうな例えが出来ました。まさにこの感じなのである)


やはり、クリームはその場で詰めてくれる今風のタイプ。このシュー生地は、研究されて作られているようで、通常、時間が経過するとクリーム自体が持っている水分が、シュー生地に移り、少々柔らかくなる。これはこれで大好きな人は、沢山いるのだが、このナッツの生地は、全く水分を吸収する感じでは、なさそうだ。ある位置で水分が、これ以上、上に上がらないような仕上がりになっている。

要するに…時間が経過してもザクザクっとした食感が、ほぼ購入時に近い状態で残っているのは、感動。この食感は、驚きものなのである。クリームは、バニラビーンズ少なめのディプロマット。

生地の食感と味のインパクトが強く、クリームの味はインパクトは若干薄いものの、とろとろ系ではなく、しっかりとしたタイプでかなり濃厚に感じる。今までに無い生地の新しい食感を楽しむシュークリームなのである。


重量:65g
長さ:15.5cm
高さ:2.5cm
価格:170円

これで価格が170円(税込)。となっている。

食べ比べてみた


2つのブランドの違いが、ある。ザクザクっとした食感の生地と温度変化により楽しむことのできるクリームの「クロッカンシューザクザクミニ」そしてもう一方は、今までに無い新しい食感を楽しめる生地としっかりとした濃厚なクリームの「ナッツ」。

好みは、分かれそうな感じなのだ。濃厚という分野に置いて言えば「ナッツ」に軍配が上がりそうだし、新しいクリームという事で言えば「クロッカンシューザクザクミニ」に軍配が上がる。

次は、是非、あなたが食べ比べをして好みのシュークリームを決めて欲しい。従来の形と大きく異なるシュークリーム。新しい形状やクリームがどんどん出てくる…シンプルな構造だからパティスリーやパティシエの技、こだわりが商品に直結してくる。だからシュークリームというスイーツは、大ファンが多いのかもしれない。

しかし、夏、ナッツ…ビアードパパ、攻めすぎでしょ。

お店情報

ビアードパパ イオンモール浦和美園店
Zクロッカンシューザクザク 浦和美園店

Tel:048-812-6464
住所:埼玉県さいたま市緑区美園5丁目50番地1
営業時間:11時~19時
定休日:無休(イオンモール浦和美園店に準ずる)

公式HP
ビアードパパ:https://www.beardpapa.jp/
Zクロッカンシューザクザク:http://zakuzaku.co.jp/z/