セブンイレブンが本気を出してきた。20年5月26日発売。香ばしいシュー皮と濃厚カスタードのシュークリーム。その名も「シュー・ア・ラ・クレーム」。「濃厚バニラカスタードのシュークリーム(コンビニで人気のシュークリームランキング2位に掲載しているシュークリーム)」の後継版なのか?それくらいのインパクトのあるシュークリームなのである。セブンイレブンの「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」同様、コスパは、凄いのです。

セブンイレブンの「シュー・ア・ラ・クレーム」のパッケージは、今までとは大きく異る色合いを採用。背景には、グリーンを入れることにより、シュークリームがはっきりとわかる感じなのだ。

黄金色のクレームパティシエール


セブンイレブンのスイーツで使用するクリームは、臭みや癖がない極上の卵「エグパティシエール」を使用している。カスタードクリームに、コクとカスタードクリームが本来持つ、風味を更に上へと上げているように感じる。今回のセブンイレブンの「シュー・ア・ラ・クレーム」は、パティスリーで出てくるような黄金色に輝く、濃厚なクレームパティシエールなのだ。

しかし、クリームの粘度、硬さは、ほぼ無く、かなり柔らかいクリームになっているのが、パティスリーとは、大きく異る点なのかもしれない。濃厚で、ねっとりとしたクレームパティシエールを想像すると、少しだけ拍子抜けしてしまうが、ここまでのクリームを作り上げてきているのは、パティスリーから見れば、間違いなく驚異になるはず。

二層のシュー生地は、抜群に美味しいのだ

シュー生地は、王道の薄めのシュー生地と、クッキー生地の二層タイプの生地になっている。シュー生地には、発酵バターを配合し、生地にも、風味をプラスしているリッチな感じになっているのだ。シュー生地だけで、食べてみると、香ばしい生地の風味がなんとも言えない。




上部には、薄っすらと粉糖が、まぶされているので、粉糖の甘さと生地の香ばしさ。そして、セブンイレブンが開発した「エグパティシエール」を使用したカスタードクリームのトロトロとした濃厚な卵のクリームとの相性は、絶品なのだ。

大きく進化したコンビニエンスストアのシュークリーム

前回、紹介したセブンイレブンの「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」も相当、驚いたのだが、今回のセブンイレブンの「シュー・ア・ラ・クレーム」は、もう一つ上の感じなのかもしれない。「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」では、シュー生地が、少し物足りなかったが、プレーンな王道な薄めのシュー生地とクッキー生地の二層で、食感をプラスしてきたのだ。ん~~~~~。ここまで進化したコンビニエンスストアのシュークリーム。

パティスリーとの違いは、クリームの粘度、固さだけになってきたような感じでもある。セブンイレブンの「シュー・ア・ラ・クレーム」は、お近くのセブンイレブンで、是非、チャレンジしていただきたいシュークリームなのだ。並大抵ではない努力とセンス。コンビニエンスストアのシュークリームもいよいよこの領域になってきた。これを超えるコンビニエンスストアのシュークリームも出てくるのは、物凄く、楽しみにしているのは、私だけではないはずなのだ。

コンビニで人気のシュークリームランキングは、こちら

重量:63g
直径:8.0cm
高さ:6.0cm
熱量:185kcal
蛋白質:4.2g
脂質:12.8g
炭水化物:13.3g(糖質13.1g、食物繊維0.2g)
食塩相当量:0.22g
価格:130円(140円税込)

原材料名:乳等を主要原料とする食品、小麦粉、クリーム(乳製品)、砂糖、ファットスプレッド、クッキー生(小麦粉、砂糖、マーガリン、卵、アーモンド、その他)、バター、油脂加工品、でん粉、食塩、植物油脂/グリシン、香料、カゼインNa、膨張剤、加工でん粉、乳化剤、pH調整剤、カラメル色素、カロチノイド色素、酵素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)

お店情報

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
住所:東京都千代田区二番町8番地8
お問い合わせ先:0120-711-372(月曜日~金曜日 9:30~17:00)
公式HP:https://www.sej.co.jp/
商品情報:https://www.sej.co.jp/products/chou2005.html