岩!?ゴリゴリっとした感じのフォルム。ジャージー牛乳で作られたクレーム・ディプロマット。ほのかに香るバニラビーンズもすべては、ナッツを美味しく食べる為のバランスなのかもしれない。

レ・グーテ






大阪 靭(うつぼ)公園バラ園北側にある大きなツリーが目印のパティスリー。フランス語でおやつという意味を持つレ・グーテは、ここにある。

地下鉄四ツ橋線肥後橋駅から徒歩10分前後。オーナーシェフは、澤井志郎氏。東京の有名パティスリーで修行を経て、2010年9月にパティスリー・レ・グーテをオープン。

数々の受賞歴を持つ凄腕のパティシエでもある。そんなレ・グーテのシュークリームを食べてみた。


なんだか独特のフォルムですね~。
岩!?そんな隕石のようなゴツゴツとしたフォルムのシュークリーム。

今まで食べたシュークリームの中でもちょっと変わったタイプ。重さは、約77g。標準サイズ。
粉糖もたっぷりとかかっているので、岩のような形がくっきりと浮かび上がっている。


中に入っているのはクレーム・ディプロマット。
ジャージー牛乳。乳脂肪、乳たんぱく質の含有量が高く、濃厚な味わいで有名な牛乳。

ホルスタイン種と比べても圧倒的に飼育されている頭数が少ない。

そんなジャージー牛乳を使用したパティスリー・レ・グーテのシュークリーム。オリジナルカスタードクリームと生クリームの混合されたクレーム・ディプロマット。自然の甘さが全体に行き届き、女性が好きそうな感じのクリームなのである。





通常、2種類のクリームで成り立つクリームは、どこまでも甘く、ちょっと重ためなクリームになることが多いのだが、甘さが柔らかく、若干軽めな感じ。そんなクレームディプロマットなのである。


ザクザクッとした感じの生地を更に硬めに香り高く焼き上げ、クラッシュアーモンドをたっぷりと加えた大人なシュー生地。

そんな生地には、クレーム・ディプロマット(生クリーム入りカスタードクリーム)がぴったり。
私の好みで言えば、焼きたてのゴリゴリッとした生地を上からガバッと開き、シュー生地を千切る。そのシュー生地にたっぷりとクレーム・ディプロマットをつけて食べる。

これ…アーモンドの香りもたっぷりと一緒に入ってくるのでたまらない。

そんな大阪 レ・グーテのシュークリームは、
大阪に来たら是非!トライしたいシュークリームなのである。

<シュークリームの詳細>
重量:242g
直径:10cm
高さ:6cm
価格:594円

お店情報

レ・グーテ
Tel:03-5876-9759
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 1F
営業時間:10時~20時
定休日:月曜日
公式HP:http://les-gouters.com/