超有名パティスリーのラム酒香るシュー・ア・ラ・クレーム。ナッツとの相性も最高の大人味なのである。

アシッドラシーヌ






大阪 天満橋にある超人気フランス菓子専門店「アシッドラシーヌ」。店内は、クラシカルな物静かな雰囲気が漂う大人のパティスリーという印象。オーナーシェフは橋本太氏。数々の有名店舗で修行をし、2013年に「アシッドラシーヌ」をオープン。

「素材を活かしきるお菓子作り」をモットーに、愛される本格的なフランス菓子を提供している。スペシャリテは「ラクテ」。チョコレートムースの中にフランボワーズのガナッシュとフォンダンショコラが入っている絶品チョコレートケーキ。そんな超人気パティスリー・アシッドラシーヌのシュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)を食べてみた。


ハードタイプの生地にナッツ


しっかりと焼き上げたハードタイプのシュー生地の周りには、ザクザクッとしたナッツが散りばめられている。この香りが…なんとも言えない。全体には、粉雪のようにたっぷりと粉糖がかかっていてナッツの香ばしさに甘さをプラス。

最近のシュークリームは、生地を食べさせるという事が何かに書いてあった。まさに、その記事の通りのシュー生地なのである。シュー・ア・ラ・クレーム全体の重さは、約64g。平均サイズより少々小ぶり。

ラム酒香る…大人味


東京と大阪。どちらも洋菓子、スイーツの激戦エリア。シュークリームに関しては、東京と大阪では、少し違いがあるのかもしれない。大阪エリアのシュークリームは、どちらかと言うと大人向けに振った感じ。お酒、洋酒がたっぷりと入っているタイプが、多い。「アシッドラシーヌ」のシュー・ア・ラ・クレームにもカスタードクリームの中にラム酒が香る。ラム酒が好きな方には、たまらないはず。

お酒が少々苦手、弱いという方は、酔っ払ってしまう可能性もある。それくらい強烈なラムの香りと味。カスタードクリームには、オレンジリキュール(コアントロー)が多い中、さすが!と思えるラム酒とオリジナルカスタードクリームの配合なのである。

重量:64g
直径:4.2cm
高さ:3.5cm
価格:280円

ラムとナッツの相性


これが合わないわけがない。ナッツとラム酒。それにオリジナルカスタードクリームが入る。オリジナルカスタードクリームは、甘さ控えめ。その中にラム酒のドカンと入る。勿論、これだけではないのだが、強烈なラムの香りは、洋酒好きには、たまらないだろう。そんなクリームと食感のあるハードタイプの生地。そしてナッツがたっぷりと練り込んである。

この2つの香りは、冒頭でも書いたとおり「合わないわけがない」のである。そんな有名パティスリー「アシッドラシーヌ」の大人なシュー・ア・ラ・クレーム。香りという分野では、抜きに出ているはず。是非、トライしていただきたいシュークリームなのである。

お店情報

アシッドラシーヌ
Tel:06-7165-3495
住所:大阪府大阪市中央区内平野町1-4-6
営業時間:11時~20時(日曜日のみ11時~18時)
定休日:水曜日・木曜日(祝日の場合変更あり)

公式HP:http://www.acidracines.com/