やはり美味かった。北海道でしか購入出来ないシュークリームが物産展にやってきた。北海道に行かないと食べれない!そんなシュークリームが、密かに物産展に出品。間違いなく「買い」なシュークリームなのである。

北菓楼






シュークリームが好きな人でこのお店の名前を知らない人は、いないのではないだろうか?それくらい有名な北菓楼(きたかろう)。北海道へ出張で行く人に「お土産でよろしく」と必ず依頼するのは当たり前。私の中で北海道土産No1なのである。勿論、通販では販売しないシュークリームなので、北海道砂川市の本店へ行くか?北海道札幌市の本館へ行くか?新千歳空港で購入できればラッキーなのである。そんな北菓楼。待ってました。東京での催事販売。購入できればラッキーと思い、明日、物産展へ行ってきます。

夢不思議

シュークリームの商品名としては、ちょっと変わった名前。先程も書いた通り、シュークリームをこよなく愛する人には、たまらない商品名。普段なら北海道に行かないと購入出来ないシュークリームが、今回、西武池袋本店の「春の北海道うまいもの会」で購入できるのである。そんな事でいざ、池袋へ。15時から250セットのみの限定販売。念の為、西武池袋本店へ電話して確認すると「14時30分くらいから並べ始める」とのこと。ということで、少々早めの14時に行くと…もう行列が出来てる…ではないか??。そんな驚きの中、念願の「夢不思議」購入。北海道へ行かないと食べれない「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」を食べてみた。



贅沢…過ぎるパイシュー

「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」の専用箱を開けると中には、ぎっしりと3個のシュークリームが入っている。まず、驚くのがシュークリームの大きさ。まさにジャンボ!と呼べるくらいの大きさなのである(直径7.5cm、高さ7.0cm)。

シュークリームの生地は、何層も重ねて焼き上げたパイ生地。上部のパリパリとしたパイ生地独特の食感と下部のクリームの水分が、少しだけ浸透したような生地は、ふわふわ。「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」のパイ生地の1番の特徴は、かなりの量のバターを使用している事。バターの芳醇な香りが、強い。

生地を噛むと…ジュワーと出てくるのでは無いか?と思うくらいの感じのバター感なのだ。北菓楼のシュークリーム。シュー生地だけでもこんな感じ。まさに贅沢すぎるパイシューと呼ぶにふさわしいのである。



あっ!という間に完食

バターたっぷりのパイ生地を割ってみると…中には、かなりたっぷりのクリームが詰められている。しかもジャンボサイズのシュークリームなのでちょっと驚きの量なのである。


クリームは、カスタードクリームと生クリームの配合バランスに優れたディプロマット。クリームは、濃厚過ぎず…甘過ぎず、、、パイ生地のバターの香りとの相性も最高なのである。クリームが、驚くほど新鮮なこともあり、バランスの良い濃厚なクリームなのに、すっきりとした感じがたまらない。そのような極上のクリームの為、ジャンボサイズでバターがたっぷりと効いたパイ生地のシュークリームなのだが、あっ!という間に完食。そして、すぐに2個目に手が伸びてしまう。そんな「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」人気シュークリームの理由が、はっきりとわかる。ここまでの味、香り。さすがとしか言いようがないのである。

重量:113g
直径:7.5cm
高さ:7.0cm
価格:540円(3個入り)

そんな「北菓楼」のシュークリーム「夢不思議」。出張?旅行?北海道へ行ったら必ず寄りたい…いや、お土産として…自分用として購入すべきシュークリームなのである。他にも北菓楼と言えば…シュークリーム「北の夢ドーム」や「イタリアンミラノシュー」、ちぎりシュー「ビスコット」、「ミルクシュー」、「ダブルシュー」、カップシュー「夢風船」(新千歳空港限定)、クロワッサンシュー「夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)」…。北海道ツアーでも組もうか?と思うくらい魅力のあるシュークリームが並ぶ。そして、今回のシュークリーム「夢不思議」。北海道へ行ったら…もしくは、物産展で見かけたら、即買いは当たり前。行列していても…並ぶだけの価値のあるシュークリームなのである。こんなシュークリームをお土産で持参したら…驚かれる事、間違い無し。



初めてのシュークリーム「北の夢ドーム」2021年4月12日加筆

ちょっと前の事だったのだが、友人が、札幌に出張へ行き、お土産に「当日まで」ということで持参してくれたシュークリーム。以前にも西武池袋店で開催されていた催事で購入し、紹介した北菓楼の「夢不思議」。そして、今回はシュークリーム「北の夢ドーム」。初めてのシュークリーム「北の夢ドーム」なのだ。

夢不思議

シュークリーム「夢不思議」のパイシューを超えるパイシューは、なかなかお目にかかれない。今回も、以前、食べた感じのまま。大きさも変わらず、デカい!このジャンボサイズなのに、ペロッと食べてしまうくらいなのだ。バターがたっぷりと効いているシュー生地。これがたまらない。大きさの変更もなく、相変わらずの美味しさと大きさ。

今回のシュークリーム「夢不思議」の加筆は、画像のみになってしまった。



北の夢ドーム

北菓楼と言えばこれというくらい有名なシュークリーム。お土産として頂戴するものとしては、最強なのではないだろうか?以前のシュークリーム「夢不思議」の記事でも書いているのだが、食べてみたいと思っていたシュークリーム「北の夢ドーム」が目の前にあるのだ。

独特の食感のシュー生地

直径約9cmの大きめのシュークリーム。(画像は、数個シュークリームを入れて、お土産でいただいたので箱内で押されて、長方形みたいになっているのが残念)真ん中部分で、カットして、底面に、カスタードクリーム。その上部に生クリームを搾っているタイプ。シュー生地は、ビスキーを乗せて焼成したこともあり、独特のサクサクとした食感がたまらない。少し、クリームの水分を吸った感じも…これまた、なんとも言えない感じの食感が続く。この量で…この大きさで…このサクサク食感を作り出すには、レシピ以外の工程で大きな差が出るはず。仮にレシピを知っていても、窯の温度調整が異なれば、全く別物のシュー生地に仕上がるはず。このサクサク食感は、ある意味、芸術の領域なのかもしれない。



2層のクリームの力強さ

カスタードクリームと生クリーム。この組み合わせは、コンビニエンスストアでも大人気の2層クリームの組み合わせ。コンビニエンスストアの場合は、ホイップクリームではあるのだが…。カスタードクリームは、北菓楼オリジナルの卵の香りと味が深く、濃厚なカスタードクリーム。このカスタードクリームに、負けない生クリームは、これも独特の香りとミルク感がある。この生クリームも、北菓楼のオリジナルブレンドで作られたものではないだろうか?カスタードクリームも生クリームも両方とも濃厚で、普通に合わせると、ぶつかるような感じなのだが、なんと書くのが正しいのか?わからないのだが、ぶつかるという感じではなく、カスタードクリームに無い部分、生クリームには無い部分を補う感じで、とっても深い味わいなのだ。この2つのクリームの組み合わせを超える2層のクリームを現時点では、私は北菓楼以外、知らないくらい美味しいのだ。

火付け役

北菓楼には、前回の記事でも書いたが、複数のシュークリームが存在する。その中で、北菓楼のシュークリームの火付け役となったと言われる「北の夢ドーム」「夢不思議」ここまでは、食べれたのだが、気になるものは「ちぎりシュー【ビスコット】」…。話がそれてしまったが、北菓楼のシュークリームの火付け役が「北の夢ドーム」なのだが、このシュークリームの完成度は高く、新しく出てきているシュークリームは、それ以上?なのかもしれないと期待が膨らむ。機会があれば是非、食べてみたいシュークリームなのだ。




独特のビスキーのシュー生地の中に、濃厚な2つのクリーム。食べるとカスタードクリームと生クリームのバランスがベスト。この中に入れる量も、きっちりとした味の違いを計算されているのかもしれない。北菓楼のシュークリーム「北の夢ドーム」。お土産でいただき…当日までに食べてねと念を押され渡され、言われた通り、当日に完食。北海道には、今、なかなか、旅行することも出来ないが、こんな素敵なお土産は、今までもらったお土産の中で、間違いなく1番と言えるくらいだった。北菓楼のシュークリーム「北の夢ドーム」、間違いなく、北海道へ行くことがあれば、購入をオススメしたい。北菓楼のシュークリーム「夢不思議」とシュークリーム「北の夢ドーム」どちらがオススメ?と聞かれると…かなり迷うだろう。シュークリーム「夢不思議」のパイシューとカスタードクリームの組み合わせも魅力だが、どちらかと言えばシュークリーム「北の夢ドーム」なのではないだろうか?気になった方は、是非、両方、購入して食べ比べて欲しい。オススメです。

重量:142.7g
直径:9.0cm
高さ:7.0cm
価格:540円(3個入り)



お店情報

北菓楼 新千歳空港店
北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル2F
TEL:0123-46-2226
営業時間:8時~20時
定休日:無休

公式HP:http://www.kitakaro.com/