すっかりいつもの日常に戻りつつある東京。雨が多かった夏。そして急に冷え込んで、秋を通り越して…もう冬?という気温の日が続いた10月。11月になった途端、秋晴れとも言える気持ちの良い日が続き…でも、コンビニエンスストア等の棚は、早々と冬の感じに様変わり。イチゴ。このフルーツをベースにしたスイーツが出てくると初冬。今年もあっという間に過ぎちゃったなぁ~と思いながら話題のシュークリームのイチゴバージョン「苺クリームチョコっとリラックシュー」を食べてみた!

帰ってきた!





TBS系ドラマ「この恋あたためますか」で登場し、セブンイレブンで「恋する火曜日のチョコっとリラックシュ~」として販売されていたシュークリーム。人気のあまり購入出来なかった人が続出。再販売まで行ったシュークリームが苺クリームで帰ってきたのだ。

薄いクッキー生地

「苺クリームチョコっとリラックシュー」のシュー生地は、2層。前回、販売された「チョコっとリラックシュ~」と同じ。もちもちのチョコレート風味のシュー生地とビターな味わいのチョコレートクッキー生地なのだ。もちもちとしたシュー生地の上に、チョコレートクッキー生地を乗せ焼成している感じ。




公式ページにもあるように「サクッ」「ホロッ」「もちっ」の食感が楽しめるシュー生地であることは間違いない。少しだけサクッは感じにくいかも。前回も書いたのだが、このクッキー生地のバランスが美しいこと。シュー生地を楽しむということが、最近の東京のシュークリームでは多いのだが、コンビニエンスストアでこのレベルのシュー生地が普通に出てくるということもかなりの驚きなのだ。

イチゴクリーム…独特の酸味もプラス

「苺クリームチョコっとリラックシュー」のクリームは、苺の果肉が入った苺クリーム。苺クリームらしく甘酸っぱく酸味が…ん?苺だけの酸味ではなくレモン果汁も入っているので苺クリームよりも少しだけ酸味が強い感じなのだ。この酸味が、チョコレートで覆われているシュー生地のチョコレートの香りとバランスが素晴らしい。チョコレートと苺。これはスイーツでは…もはやテッパンとも言える組み合わせで、フリーズドライ加工をした苺をチョコレートクリームでコーティングした苺チョコレートや生の苺をチョコレートにつけて食べたり…高級ショコラでも有名なイチゴショコラ…これは凄い。オリジナル製法でフリズドライ加工した苺の繊維の中にホワイトチョコレートを流し込み、苺が本来持っている香りや甘さ、酸味を損なうこと無く、ホワイトチョコレートのミルキーで濃厚なチョコレートの美味しさをプラスしたイチゴショコラ。これ、凄く美味しかったですね。

話がイチゴとチョコレートの話にそれてしまったが…チョコレートのモチッとしたシュー生地の上部にチョコレートのクッキー生地。そのシュークリームの中に、酸味のバランスに優れた果肉入り苺クリーム。これ…誰もが好きな味の組み合わせなのではないだろうか?前回もあっという間に、人気商品の為、終売してしまったセブンイレブン人気のシュークリーム。今回の「苺クリームチョコっとリラックシュー」もあっという間に店頭から無くなってしまうかもしれないのだ。気になった方は、お近くのセブンイレブンまで

ランクインしているコンビニシュークリームランキングはこちら




栄養成分表示(1包装当たり)
直径:7cm
高さ:5cm
重さ:77g
熱量:228Kcal
たんぱく質:2.2g
脂質:13.2g
炭水化物:25.3g
-糖質:24.7g
-食物繊維:0.6g
食塩相当量:0.25g
価格:172.8円(税込)



原材料名
クッキー生地(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、砂糖、苺、卵、クリーム、ショートニング、小麦粉、ココアパウダー、コーンスターチ、レモン果汁、植物油、ゼラチン、準チョコレート、食塩/加工澱粉、トレハロース、乳化剤、グリシン、紅麹色素、増粘剤(キサンタン)、膨張剤、香料、紅花色素、酵素、クチナシ色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

お店情報

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
住所:東京都千代田区二番町8番地8
お問い合わせ先:0120-711-372(月曜日~金曜日 9:30~17:00)
公式HP:https://www.sej.co.jp/