地元エリアで人気のパティスリー。きっちりと計算された香りと味。
そんなシュークリームは、1個でかなり満足なのである。

クレール・ドゥ・リュンヌ






東京 台東区寿。地下鉄銀座線田原町駅下車、寿三丁目交差点から歩いて約5分の場所にシックな店構えのパティスリー「クレール・ドゥ・リュンヌ」がある。この地元エリアで人気のパティスリーのシュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)を食べてみた。

焦げ目が魅力のシュー生地


店内のショーケースの上に、パン屋さんのようにシュー生地が、置いてあり、注文すると目の前でクリームを詰めてくれるプレゼンテーションがある。今、流行っているスタイルの一つ。
シュー生地は、焼き上げてから、後で生地全体を、軽くドレしている感じ。その為、ナッツやシュー生地に濃い焼き目がついている。この「濃い焼き目」。ちょっと香ばしい感じは、全体の味を引き締める効果あり。この苦味が、たまらなく美味しいのである。食感は、サクサク感たっぷり。
全体に、粉糖が多めにかけられているのでこれがまた、生地の美味しさを更に引き出す。


クレーム・ディプロマットの秘密

オリジナルカスタードクリームは、生クリームの割合が物凄く少ないディプロマット。その為、タマゴの香り、味が生きている。更に甘さ控えめに仕上げられていることから濃厚な風味豊かなクリームになっている。生クリームの割合が少ないことでどしっとした食感のあり、1個でも満足するくらいなのである。

重量:86g
直径:8cm
高さ:4.5cm
価格:300円

生地とディプロマットの相性

「きっちり研究されたバランス」なのである。シュー生地は、一度焼き上げてから、全体を軽くドレしている為、濃い焼き色が全体に付く。この焦げ目が香ばしく、苦味が心地よい。生地の上にたっぷりと「層」になるくらい振りかけられた粉糖。サクサクとした食感、香ばしい苦味、濃厚な甘さを生地だけでたっぷりと楽しめる。中に詰まったディプロマットは、生クリームが少ない甘さ控えめで濃厚な感じ。
これ…全て研究されつくされたバランスなのかもしれない。そう思えるくらい完成度の高いシュークリームなのである。
地元エリアで人気のパティスリー。是非、一度トライしてほしいシュー・ア・ラ・クレーム。

お店情報

クレール・ドゥ・リュンヌ
Tel:03-3842-3470
住所:東京都台東区寿3-8-5
営業時間:9時~21時
定休日:月曜日
公式HP:http://ameblo.jp/clair-de-lune1983/