<出来立て>を召し上がれ♪音を奏でるシュークリーム

ToshiYoroizuka TOKYO って?


京橋エドグランの中にある、鎧塚氏主宰「トシ・ヨロイヅカ」の旗艦店。
地下鉄銀座線・京橋駅直結、東京駅からもほど近く、アクセスも便利な立地です。
恵比寿、六本木、八幡山、一夜城に続き、2016年11月 京橋にオープンし、畑以外のトシ・ヨロイヅカの全てが揃っています。

エクアドルの自社農園から手掛けたビーントゥバーのショコラ(有名ですね)、生菓子、焼菓子、一夜城ファームのパン、ローカーボ(低糖質)スイーツなどを販売。カフェメニューはタルティーヌやクロックムッシュなどを展開し、コーヒーはなんと猿田彦珈琲が提供しています。これまでの店舗にはなかった新メニューや限定アイテムも登場し、注目を集めているショップです。

シェフの愛情で溢れる店内。

1階の冷蔵ショーケースの並びに実演ブースを設け、お客様の目の前で仕上げ作業を行うスタイルが特徴的なこちらのお店。
手際よくスイーツが作られている様子を見ていると、まるでお寿司屋さんのカウンターで職人さんが握っているのを見ている時のような、特別なワクワク感がありますよね。エンターテイメント性があり、お客さんの目も楽しませてくれます。

店内に飾られている絵やオブジェは、鎧塚シェフに関わりのある方々との絆を物語る、それぞれ大切なものなんだそう。
壁に配された銀色の蝶、心臓の形、ハートの形をしたオブジェは、2015年に亡くなられた愛妻、なお美さんを象徴するものなのだそうで、店内をそっと暖かく見守ってくれています。
沢山の愛にあふれた店内で、早速シュークリームを購入してみました!

スペックとキュレーターの意見

重量:94g
直径:7.5cm
高さ:6cm
価格:280円


こんがりと焼き上げられたシュー生地は、キメ細かいリッチ感とパンの香ばしさがMIXされている感じ。
ほんのりかかった粉糖にも、繊細さがうかがえます
薄いけれどしっかりとした硬度を保っているのは作りたてならでは!
断面を見てみると、バニラクリームをふんわりと入れ込んであり、とっても美味しそう。

トシヨロイヅカの、シュー・アラ・クレームたべてみた

1.口に運んだ瞬間『サクッ!』という生地の音が聞こえます。焼き立ての生地にクリームを入れてくれるので、ここでしか食べられない出来立てのお味を楽しめる、愉快なシュークリームです。
香ばしさと、バニラクリームの甘く、まろやかで、風味豊かな味わいは、幼いころ食べていた「シュークリーム」とはもはや全くの別物!大人が食べて楽しめるシュークリームはまさにToshiYoroizuka ならではです。ワクワク感を目でも舌でも味わえる、何度行ってもたのしいお店です。

2.
作りたてのシュークリームがこんなにお美味しいなんて!感動する程、他のシュークリームとか違う“音”のするシュークリームです。サクッと、小気味良い歯触りが、甘みの強いクリームを見事に食べやすく包み込んでくれています。甘いけど、甘いだけではない。上品で食べやすい、ちょっぴり粘度の高いバニラクリームが絶妙な美味しさです。手土産用の箱も、ToshiYoroizukaのロゴが入っていて、お渡ししやすいサイズでした。

お店情報

ToshiYoroizuka
東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン1F
03-6262-6510
営業時間
パティスリー 11:00~20:00
1階カフェ、2階サロン 11:00~21:00 (L.O. 20:00)
定休日 火曜はサロン休
備考 サロン 18席 / カフェ 24席

公式HP: http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/index.html/