クリームにこだわったというシュークリームは、かなりの数あるのだが、シュー生地の食感を突き詰めたシュークリームは…。
噂通りの食感のシュークリームは、サクサクともザクザクとも違う歯切れの良さの食感だった。

アトリエ・ドゥ・コマヤマ


東京 目黒区鷹番。東京には、少々変わった地名が多い。これを全て読めれば東京人なんて言う人もいるくらいなのである。「猿楽町」、「等々力」、「日暮里」、「東雲」。ちょっと考えただけで読みが難しいと思える地名が出て来る。

そう考えると「鷹番」は、読みやすいのだが…。東急東横線「学芸大学駅」東口を出て、目の前に広がる商店街へ入り、進んで行くと白い外観の建物が出て来る。これが、今回お目当ての「アトリエ・ドゥ・コマヤマ」。清潔感あふれるキッチン、ショーケース。


店内は、ハロウィンが近いこともあり、ジャック・オー・ランタン等の装飾やギフトが飾られている。ショーケースは、2つあり、向かって左は、ショコラ専用になっていて、ナッツやドライフルーツを使用したショコラも多々あり、種類も豊富。シュークリームは、ショーケース内、ショーケースの上部に、「シュー生地」のみ置かれている。


プライスカードの説明には、「カリカリの食感を損なわない為に、注文が入ったらクリームを詰める」という感じのことが書かれている今、流行りのスタイルで目の前でプレゼンテーションをしてくれるシュークリームなのだ。そんな「アトリエ・ドゥ・コマヤマ」のシュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)を食べてみた。

マカロン生地の甘さ


シュー・ア・ラ・クレーム。噂通りの生地は、ラスクやカラメル焼きのような食感をより強くしたようなザクザクとした感じ。これは、とても気持ちが良い。食べていると、ボロボロと落ちてくることもあるので要注意。それだけ歯切れが良いのである。

このザクザクとした食感のシュー生地は、マカロン生地のようにシュー生地自体にたっぷりとした甘さがある為、中に入っているクリームは、若干甘さが抑えられている。このバランスが、とても素晴らしく美味しさを1つ上に持っていくような感じなのだ。

ミルク感たっぷりのクリーム


ザクザクのマカロン生地の中には、たっぷりとクリームが詰められている。クリームは、シャンティーが多めのディプロマット。かなり滑らかな感じのクリームなのだが、流れ出さないように「コシ」もしっかりと残している。卵独特の香りと味に、コク。そして生クリームのミルク感のバランスがとても良い感じで濃厚さとフレッシュ感がベストなバランスで成り立っているのである。いやぁ~このバランスのクリームは、抜群に美味しい。

独特の食感のシュークリーム


ラスク?カラメル焼き?ザクザクッとした独特の食感は、一度食べると癖になること間違い無し。ここまで歯切れが良い?リズム感溢れる食感のシュー生地は、今まで食べたことが無く、中にたっぷりと詰められているクリームとの融合も抜群。

シュー生地にたっぷりと甘さがついている為、クリームの甘さは控えめ。そして何よりもショーケースに書いてあるもうひとつの文言「カリカリの食感を損なわないように、早めにお召し上がりください」。ここまでシュー生地の食感を貫いて作られたシュークリームは、もう見事としか言いようがない感じなのだ。

東京 目黒区鷹番。「学芸大学駅」で下車することがあれば、必ずトライすべきシュークリームのひとつなのだ。

重量:82g
直径:7.8cm
高さ:4.5cm
価格:259円

お店情報

アトリエ・ドゥ・コマヤマ
Tel:03-5724-3695
住所:東京都目黒区鷹番2-4-11 1F
営業時間:11時~18時30分
定休日:水曜日

公式HP:http://atelierdekomayama.com/wordpress/