毎朝産みたての卵を使用。物凄く贅沢であり、素材が際立つシュークリームが千葉県船橋市にあった。

菓子工房アントレ






星の数ほどある洋菓子店。そんな中、「いつも駐車場がいっぱいのパティスリーが千葉県船橋市にあるよ。素材が凄いよ」という情報をいただいたので行ってきた。久々に車移動。カーナビに住所をセットして向かうが、カーナビだと若干、違う場所に案内される(カーナビの地図が古いのかもしれません)…ん?と思い、周りを見渡すと黄色のリボンがかけられているような建物が目に飛び込んでくる。

もしや??ここ?と思い近づくと…このパティスリーが今回、お目当ての「菓子工房アントレ」なのである。お店に行ったのが日曜日の夕方ということもあり、確かに…駐車場は、満車。数台は、置けるのだが、引っ切り無しに車が入ったり、出たり…かなりの人気パティスリーなのだ。(平日に来ればよかったと思うくらいお店は、かなり混んでいる)

オーナーシェフは、髙木康裕氏。フランスで修行の後、1997年に菓子工房アントレを父親から受け継ぐ。TVチャンピオンでの優勝等の経歴を持つ。この時期(2017年8月)の人気商品は、幻の桃「蟠桃」を使用したブラマンジェ。

テレビ朝日系「全国うまいもの紀行」やテレビ東京系「全国洋菓子ランキングベスト10」でも紹介される人気ケーキなのである。そんな「菓子工房アントレ」の高木シュー(シュークリーム)を食べてみた。

高木シュー


オーナーシェフ。パティシエの名前を冠にしたシュークリーム。オリジナル包装紙を使用し、シュークリームの素材の説明(高脂肪牛乳と毎朝産みたての卵を使用等)を丁寧にしているのである。過去、色々なパティスリーで色々なシュークリームを見て、食べてきたが、こういう感じのパッケージは、初めてかもしれない。


高脂肪牛乳と産みたての卵


生地の食感も少し変わっていて見た目、カリカリの食感が想像できる生地なのだが、ふかふか、ふわふわの食感が若干強め。クリームは、先程も書いたとおり、オリジナル包装紙に高木シューの素材のポイント「高脂肪牛乳」と「産みたての卵」。地元・船橋の新鮮素材を使用したクリームであることは、間違いない。

カスタードクリームは、濃厚だがトロトロとしたクリーミーな食感が癖になる感じ。バニラビーンズは、希少なメキシコ産を使用しているとのこと。香りがふんわりとしたなんとも上品な感じでクリームの食感にぴったりなのだ。

一口、噛むとトロトロのクリームが溢れて口の中に広がり、ふかふかの生地がクッションになって丁度よい感じで飲んでる?食べてる?の間のような感じになる。クリームの粘度とたっぷりの量は、是非とも画像で確認してほしい。駐車場が常に一杯。そんな人気パティスリー「菓子工房アントレ」の高木シュー。千葉県船橋市に行くことがあれば食べるべきシュークリームなのである。

<シュークリームの詳細>
重量:68g
直径:8cm
高さ:5cm
価格:194円

お店情報

菓子工房アントレ
Tel:047-434-8353
住所:千葉県船橋市海神6-8-2
営業時間:10時~20時
定休日:火曜日・第2、第3水曜日

公式HP:https://entree1971.com/