クロワッサンタイプの生地と甘さ控えめのクリーム。
このバランスと大きさ、そしてコスパに優れるシュークリームが、栃木県下野市にあった。

トラベルスウィーツ・ブルージュ


道の駅に、完売してしまうシュークリームがあるとの情報を元に行ってきました。栃木県下野市。久々に車で出かけるとこんな高速道路、出来ていたんだ…と便利になっている事が多い。

北関東道宇都宮上三川インターチェンジを降り、国道新4号バイパスを栃木県小山市方面に向かい、約15分程度、走ると「道の駅しもつけ」が出て来る(乗用車263台、大型車40台が駐停車できるスペースがあり、道の駅としては、かなりの規模と大きさに驚く)。


この「道の駅しもつけ」内にある「トラベルスウィーツ・ブルージュ」が今回、お目当てのパティスリー。道の駅に入り、すぐの場所にがあり、ほとんどのお客さんが、足を止めているのである。


人気商品は、「シュークリーム」と「ミルフィーユ」。今回は、ラッキーにもこの2つのスイーツを購入することが出来たので2本立てで紹介。

まずは1番人気と言われている「ミルフィーユ」


私が知っているミルフィーユとは、大きく異なり、厚めの生地でクリームをサンドしているタイプ。クリームは、3層。一層目と三層目は、生クリーム。真ん中の二層目だけが、カスタードクリーム。上部の生地は、キャラメリゼされていてキャラメルの苦さと濃厚な甘さがたまらない。クリームは、バニラビーンズが入っている生クリームととろみがある濃厚な甘さのカスタードクリームが絶妙なバランスを作り出している。


この組み合わせ。キャラメルと生クリームとカスタードクリーム。万人受け間違い無しなのではないだろうか?季節によって、このクリームの中にイチゴが入っているミルフィーユもあるとのこと。通常は、プレーンタイプ(画像のミルフィーユ)とベルギーチョコを使用したミルフィーユの2種類。


値段:390円
直径:9cm
高さ:6cm

そして今回、お目当てのシュークリーム。


この組み合わせは、先程のミルフィーユと同じように、苦手という人は、いないのではないだろうか?生地は、サクサクに焼成したクロワッサン生地。丁寧に仕上げられた生地にも、甘さがうっすらと付けられていて、粉糖が、たっぷりとかけられている。焼き上げられた生地は、様々なタイプがあり、厚みがあるもの、少し平らな感じのもの、更に丸くコロッとしたようなものまである。


クリームは、カスタードクリームをベースに生クリームを混ぜ合わせたタイプのクリーム。そのクリームに、絶妙の量のバニラビーンズが入っている。クロワッサン生地を使ったシュークリームのクリームは、甘さが強いものが多いのだが、「トラベルスウィーツ・ブルージュ」のシューパリゴーのクリームは、甘さ控えめで、食感もトロトロと垂れてくる感じではなく、絶妙な粘度がある(垂れてくる感じは一切無し)。

このクリームをクロワッサン生地の中に。たっぷりと詰めているため、食べる時に、少しだけ注意が必要なのである。要するに、クリームがたっぷりと詰まっているので、シュークリームを一口、食べると溢れてくるのである。(自分もそうだったのが、気をつけないと本当に溢れてくるのである)
このシュークリーム、クロワッサン生地とバランスの優れたクリームの相性は、さすがという感じなのである。「完売してしまう事もある」という情報…間違い無し。


値段:250円
直径:9cm
高さ:6cm

そして今回、お目当てのシュークリーム。

ミルフィーユもシュークリーム(シューパリゴー)も、ボリュームがあるが価格は、良心的になっている。特に「ふるふるゼリー」というスイーツは、お店の目の前を通ったお客さんのほとんどが、立ち止まり、

「で、でかい!」と声を出してしまう人もいるくらいインパクトの強いスイーツ…大きさに驚く感じなのである。

栃木県下野市。道の駅「しもつけ」内にある「トラベルスウィーツ・ブルージュ」のシュークリーム(シューパリゴー)、栃木県に行くことがあれば必ず寄って食べるべきシュークリームのひとつなのだ。そして、お土産には、最適のアイテムであることは、間違い無し。

一つだけ後悔するとすれば…ミルフィーユもシュークリームも大きめなので、巨大なふるふるゼリーを購入しなかった事。次回は、こちらも試してみたいと思う。たまには、ドライブでこういう新しい発見をしてみるのも、悪くないように思える。

お店情報

トラベルスウィーツ・ブルージュ
Tel:0285-38-6631
住所:栃木県下野市薬師寺41道の駅しもつけ
営業時間:9時~18時
定休日:第1第3水曜日、1月1日~3日(道の駅しもつけに準ずる)

公式HP:http://www.kanpi-shimotsuke.co.jp/facility/page.php?id=43