メロンの旬は、いつなのだろうか?そして、貰って嬉しいフルーツとして、昭和、平成、令和と変わらないのではないだろうか?そのメロンが、マスクメロンだったりしたら…そんなマスクメロンを使用したシュークリームがある。高級フルーツの専門店「新宿高野」。以前、「いちごシュークリーム」を記事として紹介。シュー生地の色の斬新さ、そして、中に入るクリームに使用したイチゴのシャンティーの完成度と大変美味しいシュークリームだった。

そんな「新宿高野」の…メロン、それもマスクメロンを使用したシュークリーム「マスクメロンツインシュー」がある。

メロンパンのようなシュー生地






薄いグリーン色をしたシュー生地は、まるでマスクメロンのようなボコボコとした表面と色彩。このシュー生地は、以前、紹介した「いちごシュークリーム」のシュー生地と同じようなマカロン生地のような感じ。シュー生地にも、しっかりとした味がついており、食感は、ふわふわ。まるでメロンパンのような食感と風味なのだ。

2層のクリーム

新宿高野「マスクメロンツインシュー」のクリームは、2つ。シュー生地を中心より少し上で、2つにカットして、最初に、粘度高めのカスタードクリームが入る。このカスタードクリームは、甘さ控えめ。次に、ホイップクリームが入る。このホイップクリームは、量も多く、甘さもカスタードクリームと同じように控えめなのだ。2つのクリームの配分は、カスタードクリーム3に対してホイップクリームは7くらいの量になる。




クリームの上には、マスクメロン

2つのクリームの上には、四角にカットされたマスクメロンが数個、乗る。このマスクメロンのジューシーさは、さすが高級フルーツの専門店「新宿高野」と思えるくらいのギリギリの水分量と熟した感じのマスクメロンなのだ。そのマスクメロンの上に、2つにカットされたシュー生地が蓋のように乗る。


鮮度と粘度

丁度、食べごろのようなマスクメロンは、メロン独特の甘さがたっぷり。そして、甘さ控えめのホイップクリームとカスタードクリーム。このバランスは、クリームが甘すぎると、マスクメロンの鮮度の高い、甘さが台無しになってしまう為、絶妙なバランスで作られている。マスクメロンのカットをクリームにつけて食べても、マスクメロンのジューシーさのほうが強く出て、クリームは、コクとしてフルーツを引き立てるような感じになる。シュークリームの蓋部分に、マスクメロンとクリームを乗せて食べても同じような感じなのだが、最初と最後に感じるシュー生地の甘さが後をひく。クリームの粘度が硬めというのも、マスクメロンのジューシーさを引き出す要素なのかもしれない。フルーツを使用したシュークリームは、フルーツの水分がシュー生地やクリームに浸透してしまうことが多く、なかなか難しいのではないか?と思っていたが、このイメージを覆すバランスで作られた新宿高野「マスクメロンツインシュー」一度は、トライすべきシュークリームなのだ。

直径:8.5cm
高さ:9.5cm
重さ:116g
価格:486円(税込)





お店情報

新宿高野 上野松坂屋店

住所:東京都台東区上野3-29-5 松坂屋上野店1F
お問い合わせ先:03-6806-0635(直通)
営業時間:10:00~20:00
定休日:松坂屋上野店に準ずる
公式HP:https://takano.jp/takano/