敷居が高そうな自由が丘のスイーツショップ。
駅ビルにお手軽なスイーツショップ「プチ・フルール」を見つけました。

横浜フランス菓子 プチ・フルールとは


「おいしいケーキを届けたい。」
そんなシンプルな願いを込めて一つ一つ丁寧につくっているのがプチフルールさん。
材料にもこだわり最高のものを使って本物の味を届けることを信条に、長年営まれています。
そんなプチフルールですが、神奈川を中心に7店舗(レストラン含む)地元に根ざした洋菓子店といえるでしょう。チョコレートはフェルクリン社のクーベルチュールを使うこだわり。
オーダーケーキなども受け付けており、キティちゃんのケーキやアンパンマンのケーキなんかもあるようですので小さなお子様のいる家庭には人気ですね!

駅前のフレルウィズに入ってます。


かれこれ数年ぶりの自由が丘駅に降り立つと、相変わらず狭い駅前にホッとしてしまいます。
自由が丘駅は出口を間違えると右往左往してしまいます。
プチ・フルール – 自由が丘店は駅前のフレルウィズに入っているので、南口改札から1分。
迷わず来れました。正面から入ってすぐの場所にプチフルールはあります。
季節のケーキが並んでる中に、お上品に座っております。
通常2種類のシュークリーム「クレーム・デュオ」「ボンシュー」が並んでいるのですが、
あいにくボンシューが売り切れておりますので、クレーム・デュオを調査いたします。

セレブな街で肩ひじを張らない美味しさ シュークリーム


今回購入したのはクレーム・デュオです。
場所柄、ハイソなイメージのある自由が丘で270円で買えるのは嬉しいです。

よくみると、クリームの下にカスタードクリームが隠れていますので、Wクリーム系ですね。
もった感じだと直径、高さの割には軽いという感じでしょうか。

重量:76g
直径:7.0cm
高さ:7.5cm
価格:270円

断面図を見てください、クリームもカスタードも入っていますが、
クリームの比率が多いため軽く感じてしまったタイプです。


やや厚めのシュー皮を上下に分け、そこにカスタードと生クリームを絞ったタイプですね。
生クリームとカスタードの比率が気になるところですが。
バニラビーンズがあまり多く入ってない点に関して、多すぎると重くなり、入ってないと物足りないので絶妙な配合かと思います。

プチフルールのクレーム・デュオを食べてみた。

1.サクッっとした見た目の生地。生地に存在感があった。
クリームとカスタード、生地の3つがちょうどいいハーモニーになっている。
生地の美味しさを感じる事ができるシュークリームだった。

2.クレーム・デュオは厚めのシュー生地の中に、たっぷりのクリームとカスタードクリームが、
絶妙な感じの比率で入っています。質の良さを感じる美味しいシュークリームでした。
全体的に軽く仕上がってると思いますので、ペロッと行けちゃうと思います。

3.クリーム+カスタードのWクリームってみんな大好きですよね!
軽い感じなので、誰でも美味しくいただける感じです。
お子さんでもペロッと食べてしまうくらいのカルフワなシュークリームでした。

お店情報

プチ・フルール 自由が丘店
東京都目黒区自由が丘1-6-9
フレル・ウィズ自由が丘1階
TEL:03-3723-2021
営業時間:10:00~22:00
アクセス:東急東横線・大井町線「自由が丘駅」下車 南口改札徒歩1分
提携駐車場有り(自由が丘南口有料駐車場)

公式HP: http://www.petitefleur.co.jp/