日本一のショートケーキをつくるとメディアで話題のパティスリー。
いちごショートケーキランキングでも常に上位。そんな人気パティスリーのシュークリームは、なめらかなクリームと香り豊かなシュー生地から成り立っていた。

フレンチパウンドハウス


東京 巣鴨。おばあちゃんの原宿としても有名なエリア。そんなイメージとは、異なるレンガ作りで欧風に造られた店構えのパティスリーがある。その名も「フレンチパウンドハウス」。アクセスは、JR山手線、都営三田線「巣鴨駅」から徒歩3分圏内の場所にある。

店内は、パティスリーと7つのテーブルがあるカフェがある。カフェスペースがここまで広いとティータイムだけでなく、食事もできそうな感じなのである。目を見張るのは、3m級の大きいショーケース。フレンチパウンドハウスのスペシャリテは、ショートケーキ。かなり人気のようで3段のショーケースのセンター1列をショートケーキが占有している。そんなフレンチパウンドハウスのシュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)を食べてみた。

日本一のショートケーキ


フレンチパウンドハウスのスペシャリテ。テレビや雑誌メディアでも相当数、紹介されている。日本一のショートケーキとも言われているフレンチパウンドハウスのショートケーキ。数々あるショートケーキの中でも、いちごショートケーキは、絶品。
驚くことに、いちごショートケーキは、2つある。ルセットの異なるショートケーキなのである。これだけの種類のフルーツを使用した煌びやかなショートケーキが、ショーケースに入っているとそれだけで心が弾んでしまうのは、私だけではないはず。

濃厚過ぎないクレーム・パティシエール


カスタードクリーム単体のクリームではなく、少量の生クリームを入れることにより、クリーム全体のバランスと滑らかさがプラスされる。
濃厚すぎるカスタードクリームは、今の流行りではあるが、固めのクリーム、味、香りに苦手という方は、シュークリームを遠慮しがち。そんな方には、是非ともトライしてほしいのが、フレンチパウンドハウスのシュー・ア・ラ・クレームなのである。
重量:95g
直径:6.5cm
高さ:3.5cm
価格:286円

リキュール類は、使用せず、クリームの美味しさだけを追求。バニラビーンズも大量に使用することはせず、ほんのりと香る程度。優しいクリームと香り。それが、フレンチパウンドハウスの作るシュー・ア・ラ・クレームなのである。

固めのハードタイプの生地

シュー生地は、ドレして、アーモンドダイスをのせた固めのハードタイプ。アーモンドダイスの香ばしい味と香りは、このシュークリームにインパクトを与える。その中に、たっぷりと濃厚過ぎないクレーム・パティシエールが入っている。香ばしいシュー生地との相性もよく、濃厚すぎるシュークリームはちょっと苦手、、、という方には、是非、トライしていただきたいシュークリーム(シュー・ア・ラ・クレーム)なのである。

お店情報

フレンチパウンドハウス大和郷本店
Tel:03-9444-2108
住所:東京都豊島区巣鴨1-4-4マンションサンビップ巣鴨1F
営業時間:10時~20時
定休日:無休
公式HP:http://www.frenchpoundhouse.com/index.html