パティスリー・ヒヤマ






東京 文京区の大塚駅から千川通りを本郷方面に歩くと周りの景色と少々異なるモダンなパティスリーが出て来る。パティスリー・ヒヤマである。
パティスリーのスペシャリティーは、やはり卵を使ったスイーツ。
栃木県から取り寄せている「那須御養卵」を使用しているプリンは絶品。オリジナルの黒糖カラメルソースをからめて濃厚なプリンは、もう言葉にならないくらいの美味しさなのである。
また、代表的なスイーツの文京ロールが復活とのことだったのだが、生憎、完売。。。
これは、美味しかろう…。次回は、間違いなくチャレンジしたい…。
そんな卵にこだわって栃木県から取り寄せて作られるパティスリー・ヒヤマのシュークリームを食べてみた。

ナッツの香り漂う生地


サクッサクとした食感の生地に、クラッシュナッツが大量に散りばめられている。
少々周りは、キャラメリゼしているような味。この生地の食感にクラッシュナッツの香りは合う。
シュークリームの生地を少しだけ千切って食べてみて欲しい。それくらいオススメできる組み合わせなのである。


卵の美味しさとバニラビーンズ

ナッツの香り漂う生地の中には、自慢のカスタードクリームがある。
栃木県から取り寄せている「那須御養卵」は、もっちりとした卵白と甘みの強いコクのある卵黄が特徴の卵。ブランド卵は、飼料や鶏の生育等をしっかりと研究し、卵の状態(卵黄・卵白)を最高の状態まで持っていく。その結果、かなり濃厚な卵黄の卵が出来上がる。
その中でスイーツに合う卵を見つけるのは、かなり大変だったのではないかと思われる。沢山の卵の中から選び抜いた那須御養卵から生まれるカスタードクリームは、卵独特の癖が強い(美味しい)が、濃厚。しかも甘さが控えめなのでくどくない。そしてバニラビーンズを入れることで香り立つ。
そんな豊かな仕上がりのカスタードクリームになっている。

重量:92g
直径:8.0cm
高さ:5.0cm
価格:250円

素材の良さを極めたシュークリーム

この2つ。3つの組み合わせとバランスは、一度、試して欲しいシュークリームなのである。
サクサクに焼き上げた生地にナッツが大量に撒いてあるので、香りが強く食欲をそそる。
そのシュー生地の中には、那須御養卵というブランド卵で作られた甘さ控えめな濃厚カスタードクリームと香り立てのバニラビーンズ。そのままかぶりついてしまう。これがこのシュークリームを一番美味しく食べる流儀なのかもしれない。
そんなパティスリー・ヒヤマのシュークリームは、全体のバランスを含め、美味い。帰り際に、焼き菓子も有名という話を聞き、調べて見ると…保存料を使用していない焼き菓子。うーん。さすが全体を通して素材にこだわっている。次は、焼き菓子もチャレンジしてみたいと思ったのである。
サラリーマン風の人が、ケーキをお土産で購入していた。間違いなくこのシュークリームは、手土産やギフトには最適なのである。

お店情報

Patisserie(パティスリー) Hiyama
〒112-0012 東京都文京区大塚4-1-11
TEL:03-3945-3585
FAX:03-3945-3586
営業時間
AM10:00~PM7:00
定休日:月曜日

公式HP:http://www.p-hiyama.jp/