ゆるかわいい!インスタジェニックなスイーツから、インパクト大の紙袋まで!
センスが光るオシャレなお店♪

マッターホーン (MATTERHORN)って?






マッターホーン MATTERHORNは1952年創業されたお菓子屋さん。高い人気を誇りながら、一店舗主義を貫き、現在も東京 東急東横線 学芸大学駅すぐにお店を構えています。ちょっぴりレトロな建物の1階、ピンク色の看板が目印です。店員さんの制服姿もどこかレトロで可愛らしく、お店全体が清潔で、どこか懐かしい、心地よいレトロ感に包まれています。オシャレだけど気取らない暖かな雰囲気は、エリアのお客様だけでなく、地方からのお客様にも広く愛されているのが良くわかります。

包装紙のファン!という方も。


マッターホーンの一番人気はバウムクーヘン。とても人気のある商品です。
ずっしりとした重さの中に、ふんわりとしっとりの感覚が心地よく広がり、ラム酒の香りがふわりと香る計算しつくされた、エレガントなお味の魅力。時期によっては、発送までに1ヶ月かかる時もあるんだとか。お菓子の包装紙や紙袋もかなり特徴的です。鈴木信太郎画伯のデザインなんだそうで、一度見たら忘れられない個性的なゆるさが人気での様です。焼き菓子の缶だったりギフト用の包装紙だったり、いろいろな所にデザインされており、その可愛さからつい、集めたくなってしまいますね。



スペックとキュレーターの意見


重量:83g
直径:7.5cm
高さ:6.0cm
価格:220円

小高い山のような、丸くごつごつしたフォルムが特徴的なシュークリーム。
昔ながらのシンプルな生地でありながら、パリパリの歯触りを感じることが出来るシュー生地は、これまたレトロでたまりません。
断面を見てみると、下半分にカスタードクリームがずっしりとたたずんでいます。上半分をわざと開けることで、生地のサクサク感が楽しめるようになっているのかもしれませんね。

マッターホーンのシュークリームを食べてみた!

一店舗主義ということでしたので、レア度はもちろん5でしょう!
バニラビーンズの一切入っていない、潔くキレイなカスタードクリームはまったりと濃厚で、余韻まで感じることが出来るしっかりとした味に仕上がっています。ゆっくり炊き上げたであろう、きめ細かでなめらかなこのカスタードクリームが楽しめて、お値段なんと220円…。すごくお得に感じられます。家族やお友達の手土産や、プレゼントにも喜ばれそうなオススメスイーツです。ゆっくり味わって楽しみたい!そんなシュークリームです。




お店情報

マッターホーン (MATTERHORN)
TEL・予約 03-3716-3311
東京都目黒区鷹番3-5-1

営業時間
ショップ 9:00~19:30
喫茶室 10:00~19:30
日曜営業

公式HP:http://matterhorn-tokyo.com/