全てにこだわりぬいた洋菓子店がつくる。銀座の紳士淑女が手土産に選ぶシュークリーム・・・

銀座にふさわしい洋菓子屋。

銀座・並木通りにある洋菓子屋『PieceMontee ピエスモンテ』。

ガラス張りのオシャレな店内には、季節のお花が大きく活けられ、オレンジ色の明かりが優しく灯っている。店名である「ピエス・モンテ」の語源は、フランス語”Piece Montee”で「小さな断片を積み上げた」と言う意味で、一般に飾り菓子のことなのだそう。これはナポレオンに仕えた菓子職人、ルポーが考案したとされています。

このお店の特徴として忘れてはならないのが、平日はなんと24時まで営業しているという事!

急なおもたせや手土産をお探しの方にもありがたい営業時間です。

『市販のものは一切使わない。』

材料費も上限を定めず、より良い材料にこだわるピエスモンテ。

その分売価は高くなりますが、しっかりとした最高の製品作りを目指して日々スイーツを作られているのです。製法も手作りにこだわり、ピューレ等は生のフルーツから作り、市販の物は一切使わないのだそう。多店化すると製品に目が届かなくなる恐れがあるため、あえて一店舗経営にこだわっていらっしゃいます。

大人に似合う、大人の為のスイーツ。

重量:40g
直径:5.5cm
高さ:4.0cm
価格:370円

小ぶりなボディが上品。大人に似合う、大人の為のスイーツといった所。重さで見てみると、他店の平均の約半分くらいの重さとなっています。

お値段は1個370円。

銀座という立地を考えれば、食べきりサイズでこのお値段は良心的だと感じます。クリームの入れ方は、最近の商品に多い注入タイプではなく、昔ながらのサンドタイプです。茶箱にゴールでロゴが刻まれた持ち帰り用の箱も、高級感があって洗練されていますよね。

ピエス・モンテ のシュークリームを食べてみた。

1.
これはハマる人続出かも!

小さいシュークリームですが、濃厚カスタードクリームが美味しい!しっかりとした重みのあるカスタードクリームなので1個で満足出来ますね。卵が多めの黄色味カスタードが特徴的で、洋酒がほのかに効いたオリジナリティのあるお味。

2.
場所柄、お土産需要が高そう。

かなり小ぶりです。柔らかめも生地は濃厚なクリームを引き立てるために薄く、ふわりとした軽い印象。銀座の紳士淑女をうならせる、洗練されたお味です。大人同士の気配りに使いたいシュークリーム。

お店情報

ピエス・モンテ

東京都 中央区 銀座 8-6-22 ピアースビル 1F
Tel.03-3574-0960
営業時間 12:00~翌0:00
最寄駅:新橋駅
公式HP: http://www.piecemontee.co.jp/