不思議な食感のクリームがあるよ!ということで落語「王子の狐」でも有名な東京 王子へ行ってみた。

ランギャール


かれこれ…どれくらいのシュークリームを試食してきたのだろう?食べれば食べるほど奥が深く、パティスリーによって生地やクリームが、異なる。

同じシュークリームに出会うことは、皆無なのである

今回は、不思議な食感のクリームがあるので食べて見て!という連絡をいただいたので行ってきました。


場所は、東京 王子。たぶん…「王子駅」初めて下車します。確か、この辺りは、落語「王子の狐」や飛鳥山の桜でも有名なエリアですね。その王子の権現坂の上に位置するパティスリー。

その名も「ランギャール」。

なんだかとても可愛い感じの店構え。ペールグリーンがパティスリーカラーという何とも言えない色使い。アクセスは、JR京浜東北線、東京メトロ南北線「王子駅」から徒歩5分程度でした。


地元に愛される「定番」の味を大切にしたいという想いから生まれた「おうじロール」は、3種類の生クリームをブレンドしたクリームとはちみつと三温糖を練り込んだスポンジケーキから出来ている1番人気のスイーツとのこと。

オーナーシェフは、杉山亘氏。東京 銀座の老舗 三笠会館で修行後、2003年10月に「ランギャール」をオープン。「おうじロール」か・な・り、後ろ髪をひかれる思いだったが、今回のお目当ては、シュークリーム。そんなランギャールのシュークリームを食べてみた。


クリームは、バニラビーンズ少なめのパティシエール。見た目は、透明感(炊いたという感じではないかも)がある。

口の温度(体温)ですーーーっと溶けるような作り。

シュー生地は、サクサクのクッキー生地に、粉糖がかかっている。全体的にまとまった感じで癖が強く無いので、好き嫌いが出ないのではないだろうか?シュークリームの定番!?そんな感じの万人受けするシュークリームなのだ。

<シュークリームの詳細>
重量:80g
直径:7cm
高さ:5cm
価格:216円

お店情報

ランギャール
Tel:03-5924-0422
住所:東京都北区王子本町1-18-9根岸ビル1F
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日
公式HP:https://ringard-ouji.jimdo.com/