梅雨には、早く入ったけれど。晴れと雨のうち、晴れが多いような…そんな2021年梅雨。しかも、雨の日は大雨と気候も少しづつ南国のように変化しつつあるんじゃない?と思っているのは私だけ?珍しく、梅雨空が続く6月23日に、ローソンからモアホボクリーム-ほぼほぼクリームのシューの新作!抹茶ラテ風が発売された。この「ラテ風」の「風」って。

薄くもちもち感が続くシュー生地






過去、数回、取り上げた「ホボクリム」「モアホボクリム」。今回は「抹茶ラテ風」。抹茶のスイーツは、難しい。抹茶が持つ苦味、そして、抹茶独特の香りは、普通に合わせた感じでは、正直、抹茶の風味に負けてしまう。今回の「モアホボクリム-ほぼほぼクリームシュー 抹茶ラテ風-」は、特にシュー生地に細工をした感じは、全くない。過去の「ホボクリム」「モアホボクリム」と同じ、薄く、柔らかすぎる生地をそのまま採用。今回も前回と同様に、手で持ち上げるだけで、シュー生地の形が変わってしまう。この柔らかさでもちもち感が続くシュー生地なのだ。

ミルクと抹茶の2層クリーム

2層の上部には、北海道産生クリーム入りホイップクリーム。下部には、宇治抹茶入り抹茶クリーム。抹茶スイーツの難しさは、思っている以上に抹茶の色、香りは、強すぎるという点。そして、抹茶独特の苦味。この苦味を、甘いスイーツとどう合わせるか?この部分で、ほぼ抹茶スイーツの完成度がきまってしまう。クリームが甘すぎると抹茶独特の香りや苦味が全く、分からなくなってしまう。逆に、クリームの甘さが弱いと抹茶の苦味が強く出てしまう。

この苦味が好きという方も多いと思うが、丁度よいという言葉の通り、絶妙なバランスの上に成り立つ美味しさが作り出せれば最強なのかもしれない。2層の上部クリームは、北海道産生クリームを入れたことにより、ミルク感が大きく増し、普通のホイップクリームのように膨らみが薄いクリームとは大きく異るのだ。このミルク感があるから下部の宇治抹茶入り抹茶クリームの苦味が生きてくるのではないだろうか?




薄いシュー生地だから出来る。クリーム本来の味

最近のシュー生地は、シュー生地の主張が強すぎて1個食べてれば、もう満足という感じのシュークリームが多い。薄いもちもちとした食感の「モアホボクリーム」で使用しているシュー生地は、こういう少し変わった2層のクリームが抜群に合うのではないだろうか?北海道産生クリームを入れたことによりミルク感と奥行きが大幅にアップしたオリジナルホイップクリームに宇治抹茶入り抹茶クリームの抹茶風味が強いクリームの相性は抜群なのだ。抹茶ラテ…確かに抹茶ラテのような感じではあるのかもしれない。生クリームと抹茶。チョコレートと生クリームと同じような2つが組み合わされば…より一層、2つの素材を引き立てる素材なのかもしれない。「ほぼほぼクリームのシュー抹茶ラテ風」を気になった方は、お近くのローソンへ。蒸し暑いこれからの季節にはぴったりのシュークリームなのだ。

ランクインしているコンビニシュークリームランキングはこちら



栄養成分表示(1包装当たり)
直径:8cm
高さ:5.5cm
重さ:97g
熱量:326Kcal
たんぱく質:2.7g
脂質:24.5g
炭水化物:23.8g
-糖質:23.3g
-食物繊維:0.5g
食塩相当量:0.3g
価格:220円(税込)

原材料名
ホイップクリーム(国内製造)、カスタードクリーム、生クリーム、ミックス粉(でん粉、小麦粉、食塩、植物性たん白、植物油脂)、卵、ファットスプレッド、砂糖、脱脂濃縮乳、抹茶風味パウダー(砂糖、デキストリン、でん粉、抹茶、食物精製加工油脂)、植物油脂、抹茶、油脂加工品、でん粉、ゼラチン、寒天/加工デンプン、トレハロース、グリシン、膨張剤、乳化剤、カゼインNa、糊料(増粘多糖類)、香料、pH調整剤、着色料(カロテノイド、クチナシ)、ソルビット、リン酸塩(Na)、酒石酸K、グリセリンエステル、酸化防止剤(V.E)、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

お店情報

株式会社ローソン
住所:東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー
Tel:0120-07-3963(ローソンカスタマーセンター:月曜~金曜(祝祭日除く)9:00-17:00)
公式HP:https://www.lawson.co.jp/

商品情報:https://www.lawson.co.jp/area/kanto/original/1430128_3550.html