映画のモデルとなった有名店舗。
そんな有名店舗が作る、大人のシュークリームは、まさに映画のワンシーンのような感じなのである。

ル・コワンヴェール/アグネスホテル東京


東京 神楽坂にある「アグネスホテル東京」。
その一角にある「ル・コワンヴェール」という名のパティスリー。映画「洋菓子店コアンドルリー」(2011年公開)のモデル店舗となった有名店なのである。また、宝石のような洗練されたスイーツも魅力の1つで所狭しと並んでいる風景は、全て食べたい!と思わせるような作り。
そんな有名店舗「ル・コワンヴェール」のシュークリームを食べてみた。

ハードタイプの生地とパールシュガー


しっかりと焼きあがったハードタイプの生地は、質感も香りも超一流。ザクッとした食感は、
1つで満足できる仕上がりなのである。更に上部には、パールシュガーがついている。シュー生地だけではなく、このパールシュガーの甘さと質感が、今まで食べたことの無い香りと食感を演出してくれる。

どこまでも上品なカスタードクリーム


クリームは、シュークリームの底から注入するタイプ。卵の良さを最大限に引き出したオリジナルカスタードクリームは、少し固めのクリームになっている。しかもオレンジリキュール(コアントロー)がフワッと香る。このカスタードクリームには、最高のバランスになっている。
まさに、大人のカスタードクリームと呼べるどこまでも上品なクリームなのである。
重量:82g
直径:7.5cm
高さ:5.5cm
価格:288円

映画のワンシーンのようなシュークリーム

ハードタイプのシュー生地とカスタードが強めのクリームの組み合わせは、最高に旨い。
しかもカスタードクリームの香りには、オレンジリキュール(コアントロー)の香りが素晴らしい。
上の項でも書いたのだが、まさに「大人のカスタードクリーム」、大人のシュークリームなのである。
なんとなくだが、昼間というより夜の…デザートのほうが、合う。
まさに映画のワンシーンのような感じで食べてみたい。そんなシュークリーム。
映画「洋菓子店コアンドルリー」(2011年公開)のモデル店舗「ル・コワンヴェール」。
そんな有名店舗のシュークリームは、ストーリーもたっぷり語れるステキなスイーツなのである。

お店情報

ル・コワンヴェール/アグネスホテル東京
住所:東京都新宿区神楽坂2-20-14 アグネスホテル内
営業時間:10時30分~19時(火曜日~日曜日)
定休日:月曜日(祝日の場合、翌日)
Tel:03-3513-7612
公式HP: http://www.agneshotel.com/patisserie/