色とりどりの華やかさが人気!
赤い外装が目印のパティスリーで、羽飾りの付いたシュークリームに出会った。

フレデリック・マドレーヌ氏の作り上げる、女性ウケ必須のスイーツ達!


東京都 麻布十番にあるル ポミエ。

東京メトロ南北線麻布十番駅から徒歩7分、麻布山入口の交差点近くにあるこちらのお店は、真っ赤な外装が目印になっており、フランスらしい華やかな美しさがとても目立っています。
カフェスペースはお店の奥に4席ほど。


フランス・ノルマンディー出身のフレデリック マドレーヌ氏が作り出す、芸術的なスイーツたちは、見るものを魅了するユニークなデザインと鮮やかな色遣いで、沢山のファンを魅了しています。

フレデリック マドレーヌ氏は、1980年フランス・ナントのパティスリー・ショコラティエ「フルニェ」で見習いとしてスタートし、海軍での兵役を終えたあと、オーストラリア・メルボルンのレストラン「ミエタス」でシェフ・パティシエを務めました。

1997年から「ダロワイヨ・フランス」のシェフ・パティシエを務めたのちに、日本に転勤。「ダロワイヨ・ジャポン」のシェフ・パティシエを務めた、スイーツ界でも有名な人物です。現在では、社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務めており、スイーツ業界の発展に大きく貢献されています。


エドモントの自慢のホテルメイドのケーキは、ピースケーキのほかお誕生日や記念日におすすめのホールケーキもあり、チョコレートプレートにお名前を入れることもできます。ご贈答やお土産に最適な焼菓子なども種類が豊富なので選びやすいのが特徴で、お客様のニーズをしっかり叶えてくれる、頼れるスイーツショップなのです。
そんな「パティスリーエドモント」のシューアラクレームを試食してみましょう!

シューアラクレーム


そんなフレデリック マドレーヌ氏がシェフパティシエを務める、le Pommier(ル・ポミエ)。そのカラフルで色鮮やかなデザインセンスは女性の心を魅了するような可愛らしさが特徴的です。お店の名前は”りんごの木”という意味だそうで、店名にちなんでりんごをモチーフにしたスイーツも並んでいました。明るく、広い店内には、パンやジャム、焼き菓子等も並んでおり、どれにしようか見ているだけでも楽しくなってくる、素敵なお店です。

ル・ポミエと言えば干支の動物を象ったエクレールが有名ですが、最近ではサロンドショコラ等で注目を集めた、りんご型のショコラも人気の様子。どれも本場フランスの香り漂う本格派ですので、期待値が上がりますね。早速、シュークリームを試食してみましょう。

重量:126g
直径:8.5cm
高さ:羽を含めて7cm(羽を除けば5cm)
価格:324円

万人に愛されるシュークリーム


シュー生地が、白鳥の羽のようなビジュアルでどこか、懐かしさが感じられるデザイン。ふわふわの羽を連想させるようにたっぷりとかかった粉糖が、柔らかなイメージを引き立たせます。昔ながらの柔らかい食感の生地は、薄いシュー生地がレトロでしっとりとした食感。軽めの食感は幅広い層のお客様に喜ばれそうな、とても食べやすいものでした。



サイドの切り口からは、たっぷりのディプロマットが顔を覗かせています。さっぱりとしていて、口当たりのなめらかなクリームが食べやすく、大人も子供もたのしく食べることが出来る逸品です。見た目通りにとってもボリューミーなこのシュークリーム。1個食べるとお腹いっぱいになりそうな、満足感のある仕上がりになっています。お土産や手土産はもちろん、誰かに自慢したくなるような、印象に残るシュークリームです。

お店情報

ル・ポミエ 麻布十番2号店 (Le Pommier)
お問い合わせ:03-6435-0104
東京都港区麻布十番3-9-2

交通手段
東京メトロ南北線 麻布十番駅 1番出口 徒歩7分
都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩9分
麻布十番駅から427m

営業時間[日~土] 09:30~20:00
日曜営業
公式HP:http://www.lepommier-patisserie.com/