「大きめのシュークリームあるよ。」という情報で行ってきました。東京 柴又。

そう、男はつらいよでお馴染みの寅さんの生まれ故郷。

私、この映画は、DVD、動画含め、すべて見ているので…「そんなパティスリーあったかな…」というのが、第一印象。

それもそのはず…今回は、京成金町線「柴又駅」ではなく…北総線「新柴又駅」で下車。しかも駅からすぐの立地。平日の昼間なのに、混雑…。

洋館のような可愛らしい建屋のパティスリー。
その名も「ビスキュイ」。

オーナーシェフは、駒水純一郎氏。あの帝国ホテルで修行をし、1997年に「ビスキュイ」をオープン。コンセプトが「サンダルで入れる帝国ホテル」…なんともかっちょええ~。こういうお店、素敵なんですよね。

それと驚くのが店内に入ると「え!?こんなに」と思うくらいの数の「ホールケーキ」。最近のパティスリーでは、どちらかというとプティガトー多め、ホールケーキ少なめの陳列。

約30種類のホールケーキが常時あるなんて。。。
これは、、、凄い。

そしてパティスリーに併設されているのが、カフェ。こちらも人気で大変混雑していました。
そんな東京 柴又で人気のパティスリー「ビスキュイ」のシュークリームを食べてみた。

まず、大きさ…というか重さ。久々にズシッとくるサイズ。

その重さ123g。

可愛らしい丸いフォルム。クッキー生地の見本というべき、美しく均等に散りばめられている。これ簡単なようでかなり難しい。一つや二つなら出来ますが、ここまでの数をこんなバランスで作られている生地は、あまり見たことがありません。

粉糖もうっすら美しくかけられているのが、これまた食欲をそそる…。
クリームは、オリジナルカスタードクリーム。バニラビーンズで香りのバランスをとっているタイプ。しかもクリームの量がたっぷりなのが嬉しい。

これは、迷わず、そのままガブリと食らいつく…生地の隙間からカスタードクリームがこぼれてくる…それくらいの量が入っているのです。とても幸せになるくらいの量とタマゴとバニラビーンスの香り…。美味い!!やわらかい生地との相性もぴったり!

大きめのシュークリームでたっぷりのカスタードクリームを楽しみたい!という方は、是非!

帰りは、京成金町線「柴又駅」方面にプラプラ歩いて男はつらいよのロケコースや寅さん銅像なんぞを見てお帰りになることをオススメします。

<シュークリームの詳細>
重量:123g
直径:9.5cm
高さ:5cm
価格:220円

お店情報

ビスキュイ 柴又
住所:〒125-0052
東京都葛飾区柴又4-32-16
TEL:03-5668-8870
FAX:03-5668-8870
営業時間:9:30~19:30
定休日:不定休
公式HP:http://www.cakechef.info/shop/biscuit/