商品の質とも言える濃さ。こだわり抜いた素材から生まれるシュー生地とクリーム。そんなシュークリームが東京 小岩にあった。

ラトリエ・ドゥ・シュクル






東京 小岩。京成本線「京成小岩駅」北口から徒歩3分くらいのエリアに、今回お目当ての「ラトリエドゥシュクル」がある。オーナーシェフは、白岩操雄氏。高輪プリンスホテルや料亭「青柳」、高級会員制レストランで修行をし、2009年4月に「ラトリエ・ドゥ・シュクル」をオープン。数々のメディアに取り上げられる凄腕のシェフなのである。そんな「ラトリエ・ドゥ・シュクル」のシュークリームを食べてみた。

今までに無い感じのシュー生地


シュー生地は、プレーンなタイプのもので、パールシュガー(あられ糖)と、アーモンドスリバードを乗せて、焼成しているのである。どちらも量は多くはなく、食感のアクセントになるくらい少量。パールシュガーは、食べている時に、飽きが来ない様に、時折カリカリとした食感を与えているのである。

また、アーモンドスリバードは、3個くらいしか、乗っていないのだが、ドスンとした香ばしい感じの香りが、口の中いっぱいに広がるのである。程よい感じにローストされているからなのであろう。また、シュー生地は、おそらく醗酵バターを使用していると思われる。その為、小麦本来の香りが食べた後の「余韻」として残る感じがする。




これがたまらなく良い感じなのである。更にシュー生地は…いや、これは、シュー生地の食感ではなく、パールシュガーとアーモンドスリバードなのだが「カリカリ」、「ザクザク」とした感じが食欲をそそるのである。

シュー生地に負けないクリーム


こだわりのシュー生地に、たっぷりとマダガスカル産のバニラビーンズを使用したパティシエールが隙間なく詰められており、バニラの香りが、深く香る。(ディプロマットではなく、パティシエールのみのように感じた)クリームは、とても滑らかでねっとりとした食感。シュークリームの断面図のようにカットしても、クリームの形状が崩れない程、しっかりとした固さがあり、緩めのプリンのような感じなのだ。

バランスが優れたシュークリームなのだ


数々のシュークリームを食べてきたが、ここまでシュー生地に驚いたのは、あまり無かったように思える。こだわり…製法、そして技術…。全てが揃わないと出来ないように思える「ラトリエ・ドゥ・シュクル」のシュー生地。そして、そのシュー生地に負けないくらいインパクトのあるバニラビーンズの香りが強く、ネットリとしているが、とても口どけの良いクリーム。

シュー生地、パールシュガー、アーモンドスリバード…とにかく全てに置いてバランスがよく、飽きのこない感じのシュークリームなのだ。勿論、この濃さ(商品の質)なので1個でも十分、満足の出来るのである。東京 小岩。京成本線「京成小岩駅」で下車することがあれば、トライすべきシュークリームであることは、間違い無し。

重量:86g
直径:6.8cm
高さ:5cm
価格:220円

お店情報

ラトリエ・ドゥ・シュクル
Tel:03-6458-9205
住所:東京都江戸川区北小岩6-5-5
営業時間:11時~19時
定休日:月曜日、火曜日

公式HP:http://latelierdusucre.com/