新型コロナウィルス感染症の蔓延で、変わったもの。その一つが、チョコレートの祭典でもあるバレンタインデー。義理チョコ、友チョコが、リモートワークが進むので、このあたりがゴソッと受容が減ったのかもしれません。チョコレートのシーズンにローソンUchiCafeから「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」が発売。少し遅れてですが…食べてみた。

ブラウニーとガトーショコラの違い





似て非なるものかもしれません。ガトーショコラは、フランス語のチョコレートケーキを意味するお菓子で、薄力粉の量は少なく作られ、しっとりとしたチョコレート風味が楽します。ブラウニーは、ブラウンが語源のアメリカのお菓子で、薄力粉を入れ、焼き上げ後、サクサクとした食感を楽しむチョコレート風味になっています。今回の「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」に入っているのはさっくりとした食感が楽しめるブラウニーになっています。

パッケージはプチギフト仕様

「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」のパッケージは、他のローソンスイーツと同じようなシンプルな色使い。透明な部分とホワイトの部分。そして、「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」の画像が入り、UC(UchiCafe)のロゴ入り。一つだけ異なるのは、プチギフト(バレンタインギフト)を意識してなのか?ゴールドのリボン調のイラスト入り。注意書きとして「クリームがこぼれやすいのでご注意ください」の文言も。




アーモンドダイスがゴロゴロ

シュー生地は、プレーンタイプの生地の上部からチョコレートコーティング。その上にアーモンドダイスを散りばめ、シュークリームには無いナッツ独特の食感をプラス。アーモンドダイスは、大きいものもトッピングされているので、食べる際に少しだけ注意が必要かもしれません。少しの振動で、チョコレートコーティングから外れて落下する可能性ありなのです。




ブラウニーを入れちゃった

シュークリームは、シュー生地とクリームを楽しむもの。そこに、ブラウニーを入れて作られた「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」。もはや、ハイブリッドスイーツに近い感じで、2つのスイーツをかけ合わせて美味しさを更に引き出すという感じなのです。ブラウニー部分は、しっとりしてさくっくりとした食感で濃厚なチョコレート風味が口の中に広がっていきます。ブラウニーの上に、生クリームがあり、生クリームのミルク感と甘さが今までのシュークリームでは味わえない新しい味になっています。

生クリームとチョコレートの相性は最強

「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」は、商品名のように「生クリーム」がポイントかもしれません。チョコレートコーティングされたシュー生地に、シュークリームの中には、ブラウニー。チョコレート尽くしの中に「生クリーム」。チョコレートと生クリームの相性は、ご存知の通り、最強の組み合わせなのです。「ブラウニーシュー(生クリーム入り)」、シュークリームにブラウニーが入っているという単純なものではなく、シュークリームとブラウニーという異なる2つのスイーツをたしたハイブリッドスイーツなのかもしれない。美味しさも単体のシュークリーム、ブラウニーでは味わえない新しい美味しさになっています。気になった方は、今すぐお近くのローソンへ。パッケージ、季節からするとそろそろ終売している可能性もあります。

ランクインしているコンビニシュークリームランキングはこちら



栄養成分表示(1包装当たり)
直径:7cm
高さ:5cm
重さ:79g
熱量:393kcal
たんぱく質:6.5g
脂質:29.7g
炭水化物:26.1g
−糖質:23.5g
−食物繊維:2.6g
食塩相当量:0.2g
価格:220円(税込)

原材料名
生クリーム(国内製造)、準チョコ、小麦粉、チョコレート、卵、ファットスプレッド、アーモンド、砂糖、乳等を主要原料とする食品、マーガリン、牛乳、食塩、でん粉、ゼラチン、寒天/乳化剤、膨張剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、V.C(一部に乳成分・卵・小麦・アーモンド・大豆・ゼラチンを含む)

お店情報

株式会社ローソン
住所:東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー
Tel:0120-07-3963(ローソンカスタマーセンター:月曜~金曜(祝祭日除く)9:00-17:00)
公式HP:https://www.lawson.co.jp/

商品情報:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1447662_1996.html