さすがは、東京でお洒落な街と言われる二子玉川。限定品のシュークリームは、濃厚なピスタチオの香り。そして味、苦味が、感じられる、かなり振り切ったクリームだった。

シュクリムシュクリ二子玉川東急フードショー店






東京 二子玉川。東京でお洒落な街と言えば、真っ先にこのエリアが出てくるのではないだろうか?現在も拡張中の街。色々な施設がドンドン追加されていて、約1年半ぶりに行った私は、すでに浦島太郎状態…。ここは、こんな感じだったっけ??こんな建物あったっけ?という感じなのである。ちなみに「ふたこたまがわ」という読みで通称「にこたま」。(ふたごたまがわでは、無いらしい)東急東横線、田園都市線、大井町線が乗り入れしている「二子玉川駅」を下車して徒歩3分。二子玉川ライズ・ショッピングセンターの地下1階「東急フードショー東急ストア」。


その一角に2017年4月27日オープンした今回、目的の「シュクリムシュクリ二子玉川東急フードショー店」がある。シュクリムシュクリは、以前にも紹介した通り、シュークリーム専門店「ビアード・パパの作りたて工房」を運営する株式会社麦の穂が「今までに無いシュークリーム」を求め作った新ブランド。


しかもお店毎に、限定品!?があるらしい…。ということで、二子玉川店の限定品(この言葉に、物凄く弱い)を求め、行ってきました!



限定品…これは買うべし


まず、「シュクリムシュクリ二子玉川東急フードショー店」で目に飛び込んで来るのが、巨大なシュークリーム。「アーモンドプラリネ&生クリーム」。アーモンドづくしのシュークリームのようで「プラリネ」も「生クリーム」も「生地」も「アーモンド」入り。価格も1,400円。(7月下旬で終了とのこと)


次に、お店は、かなり広めの作りになっており、ショーケースの後ろにキッチンがガラス張りで見える。店員さんに聞いてみるとこのキッチンで作っているとのこと。そして、二子玉川店限定品「シューシュクリ・ピスタチオ」。
お店のPOPやWEBには「希少価値の高いシチリア・ブロンテ産のピスタチオを贅沢に使用」の文字。大きさは、平均サイズより小さめサイズの約77g。


生地は、薄めのもっちりとした食感とマカロン生地のシャクシャクとした心地よい食感を足した、なんとも言えない感じ。そのシュー生地を一口食べると中からは、ピタチオグリーンと言えるような薄い鮮やかなグリーン色のクリーム。抹茶のグリーンとも異なる独特な色なのである。このピスタチオクリームは、香りが、かなり強め。甘さ控えめの為、ピスタチオの味、濃厚な香り、そして苦味がたっぷりと味わえる。ピスタチオを使用したムースケーキは、某パティシエールのスペシャリテだったりするので食べたことは数度あるが、シュークリームのクリームで「ピスタチオ」は、初めての体験。この苦味とピスタチオ独特の香りが、好きな人には、たまらないのでは無いだろうか?無論、ここまで濃厚なピスタチオに振り切ったクリームの為、苦手な人も同数、いるように思える。ピスタチオにこだわりピスタチオの濃厚な香り、そして味、苦味。ピスタチオが好きな人は、真っ先にトライすべきシュークリームなのである。

<シュークリームの詳細>
重量:77g
直径:8.5cm
高さ:6cm
価格:481円



お店情報

シュクリムシュクリ二子玉川東急フードショー店
Tel:03-6805-7165
住所:東京都世田谷区玉川2-21-1二子玉川ライズ・ショッピングセンターB1F
営業時間:10時~21時
定休日:不定休(二子玉川東急フードショー店の休館日)

公式HP:https://www.chouxcream-chouxcri.jp/menu/