街の名前を背負った、名物シュークリーム。
カルーアミルクのような、コクのある甘さにウットリ。

コパン って?


東京 神楽坂にある小さな喫茶店。
コパン(Copan)は、神楽坂通り沿いに門を構えるアットホームなお店です。
東西線 神楽坂駅から徒歩1分。ガラスに描かれたスイーツの絵が目印になっています。
おひとり様でも気軽に入りやすい店内には、レトロであたたかみのあるケーキや焼き菓子、パスタ等の軽食が並んでいます。ちょっと近くに寄ったらお土産に買って帰りたくなるような、可愛らしいスイーツが盛りだくさんです。

街の地名が付けられた《名物シュークリーム》


分かりやすく、お土産のように覚えやすいこちらのシュークリームのお名前は、すばり「神楽坂シュークリーム」。「絶品!大人の定番スイーツ」という特集をした情報雑誌の表紙を飾ったシュークリームなのだそう。2層になったクリームが、溢れんばかりにた~っぷり入っています。なかなかインパクトのある見た目です。街の名前を持つというのは、その街の看板を背負っているようなものです。
自信がある証拠ですね…早速試食してみましょう!

スペックとキュレーターの意見

かなりの層厚でサンドウィッチのような感じ。相当ボリュームがありグッド。
クリームの上にそっと帽子のようにかぶせられた生地の蓋は、サックリ軽く、軽やかな印象です。

重量:92g
直径:8.0cm
高さ:7.0cm
価格:280円

Copan(コパン)の神楽坂シュークリームを、食べてみた。

1.ボリューム満点!たっぷりのクリーを満喫したい時にオススメです。 
甘さ控えめでしつこさがないので、女性でもぺろりと食べられててしまう絶品スイーツです。

2.どこから食べたらいいのか迷う程にボリュームが満点!
スプーンですくってクリームを食べる瞬間は、なんとも言えない幸福感がありました。(笑)
泉から溢れ出す水のような、<たっぷり感>を一人で食べきっちゃうのが、贅沢なんですよね。
年齢層を問わず、美味しく頂ける逸品だと思います。

3.カスタードから香る、カルーアミルクのような甘みが特徴的でした。
洋酒もシッカリと香り付けされており、深い甘みを作り出しています。
神楽坂の名物となる「大人なシュークリーム」ですね。ただ甘いだけではなく、
いろんなお味が混ざり合って深みを出しているような印象です。

お店情報

コパン (Copain)
住所 〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-50
電話番号 03-3267-7779
営業時間 平日>> 7:00~21:00
土・日・祝日>> 8:00~20:00
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日 無休
公式HP: http://www.copain-cafe.net/info.html